メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

腎臓とその他の尿路系器官の損傷は、さまざまな原因によって生じます。たとえば、鈍器による打撲または圧迫でできた傷や鋭いものが刺さった傷(最も多いのは自動車事故、転落、銃創、刺し傷)、外科手術、癌(がん)の放射線療法などです。尿路の損傷は他の器官、特に腹部臓器の損傷と同時に生じることがよくあります。

腎臓は、絶えず血液をろ過して老廃物を取り除き、尿路から体外へ排出しています。そのため、腎臓や尿路系器官が損傷を受けると、腎不全が起こります。このほか出血、尿路から周辺組織への尿の漏出、感染なども起こります。尿路系器官の永久的な損傷や死亡を防げるかどうかは、迅速な診断と治療にかかっています。

個人情報の取扱いご利用条件