メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

尿管の損傷

-
-

尿管の損傷のほとんどは子宮や大腸の摘出手術など、骨盤内や腹部の手術中に起こるか、尿管鏡による尿管の検査中に起こります。銃で撃たれた傷(銃創)や刺し傷による穿通も尿管損傷の原因になります。体に対する直接の打撃で尿管の損傷が起こることはめったにありません。まれに、特に胴体が後ろに曲がってしまうような鈍い損傷を受けると、尿管上部が腎臓からちぎれてしまうことがあります。

症状と診断

尿管損傷を放置すると、瘻(ろう:他の腹部器官などへ通じる異常な通路)が形成される、尿管が狭窄する、尿が持続的に漏出して感染が起こるなどの合併症が生じます。

尿管損傷はすぐにはわからないことがよくあります。医師は通常、その人が最近手術を受けていたり、腹部を貫通する外傷がある場合などに尿管損傷を疑います。患者は単に腹部やわき腹の痛みを訴えるだけの場合もあれば、傷から尿が漏出しているのに気づく場合もあります。尿の持続的な漏出による感染は、ときに発熱を伴います。尿中に血液がみられることがあります。

尿管損傷が疑われる場合には画像診断が必要です。最初は静脈性尿路造影かCT検査を行いますが、結果がはっきりしない場合には、逆行性尿路造影を行います。損傷を確認するために手術を行うこともあります。

治療

尿管が損傷している場合には、手術で修復する必要があります。軽度の尿管損傷は、柔軟な管を尿管に直接挿入するか、わき腹を小さく切開し、そこから管を腎臓に通す経皮的腎瘻(ろう)造設術で治療できます。この処置により2〜6週間ほど尿が尿路を流れないように経路を変更し、その間に尿管を回復させます。この方法で損傷が回復しない場合には、別の手術が必要になります。

治療は尿管損傷の合併症の予防に効果があります。予防しても合併症が起こった場合には、それらに対する治療が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件