メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

膀胱の損傷

-
-

膀胱(ぼうこう)の損傷は、高速の自動車事故や転落事故で生じるような、骨盤部の損傷に伴って起こることがよくあります。弾丸による穿通損傷も膀胱を傷つけることがあります。このほか、骨盤部や下腹部の診断検査や外科手術中に偶発的に膀胱が傷つけられることがあります。

症状と診断

膀胱損傷の症状としては、血尿と排尿困難がよくみられます。膀胱底には排尿をコントロールする筋肉があり、そこが損傷を受けると、頻尿や尿が漏れ出てしまう尿失禁が起こります。外傷から感染が起こると、排尿の変化や発熱が生じます。

膀胱損傷を治療せずに放置すると、切迫した尿意、感染、尿失禁などの合併症が起こります。

膀胱損傷の診断に最適な検査は膀胱造影で、造影剤を膀胱に注入してX線検査を行い、漏出位置を調べます。

治療

軽度の膀胱損傷で挫傷か裂傷であれば、尿道に5〜10日間カテーテルを挿入し、その間に膀胱を回復させます。膀胱の損傷が広範囲であったり、外傷により尿が腹腔へ漏れ出ている場合は、手術を行って損傷の程度を調べ、裂傷をすべて修復します。この場合は、2本のカテーテルを使って膀胱から尿を効率的に排出します。1本は尿道から膀胱に挿入する経尿道カテーテルで、もう1本は下腹部の皮膚を通して膀胱に直接挿入する恥骨上カテーテルです。これらのカテーテルは、7〜10日後または膀胱が十分回復した後に取り除きます。合併症が起こった場合には治療が必要です。

個人情報の取扱いご利用条件