メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腎盂と尿管の癌

-
-

癌が腎盂(じんう)という腎臓の尿を集める部分の内側を覆う細胞にできたり(移行上皮癌)、腎臓から膀胱(ぼうこう)へ尿を運ぶ尿管という細い管に発生したりすることがあります。腎盂と尿管の癌は、それ以外の腎組織や膀胱にできる癌よりはるかに少なく、米国での発症者数は毎年6000人未満とされています。

症状と診断

通常はまず最初に血尿がみられます。癌によって尿の流れが妨げられると、わき腹または下腹部に激しい痛みが生じます。

静脈性尿路造影または逆行性尿路造影を行って診断します。CT検査は腎臓結石を癌や血液のかたまりと判別するのに役立ち、癌がどの程度増殖しているかわかります。尿の顕微鏡検査によって、癌細胞が見つかります。膀胱から尿管鏡を挿入するか腹壁から腎盂鏡を入れて癌を観察し、小さい癌であればそのまま内視鏡下で治療することもあります。

治療と経過の見通し

癌が腎盂や尿管だけにとどまり転移していなければ、癌がある側の腎臓全体と尿管を外科的に取り除く腎尿管切除術を行い、同時に膀胱の一部も切除します。しかし、腎機能が低下していたり腎臓が1つしかないようなケースでは、腎臓を取り除くと透析に依存しなければならなくなるため、通常は摘出しません。癌の状態によっては、レーザーで癌細胞を破壊する治療や、腎臓、癌ができていない尿管部位、膀胱はそのまま残して癌の部分だけを取り除く手術で治療する場合もあります。癌が転移していれば化学療法を行います。

転移がみられず、外科手術で完全に取り除くことができれば、癌は治癒します。この癌になった人は膀胱に癌ができるリスクがあるため、手術後は膀胱鏡検査を定期的に行い、膀胱内部を調べます。

個人情報の取扱いご利用条件