メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

尿道癌

-
-

尿を膀胱から体外へ排出する通路である尿道の癌はまれで、一般に50歳を過ぎてから発生します。尿道癌は男性にも女性にもみられます。一部の患者では、特定のヒトパピローマウイルスが尿道癌の原因とみられています。それ以外の原因は不明です。

通常はまず血尿がみられます。血液の量がごくわずかで顕微鏡でしか検出できないこともあれば、肉眼でわかるほど尿が赤くなることもあります。尿の流れが妨げられ、排尿が困難になったり尿の出が弱くなったりします。女性の尿道の出口に発生する、もろい出血しやすい腫瘍は、癌(悪性腫瘍)の可能性があります。癌の診断を確定するには生検が必要です。

尿道癌の治療には、放射線療法、外科的切除、またはこの両者を組み合わせた方法が用いられていますが、結果はさまざまです。尿道癌の経過の見通しは、癌の位置と範囲によって異なります。

個人情報の取扱いご利用条件