メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ビタミンとミネラル

-
-

ほとんどのビタミンとすべてのミネラルは必須栄養素です。つまり、これらの物質は体内では合成できないため、食物から摂取する必要があります。

ビタミンは、水溶性ビタミン(ビタミンCと8種類のビタミンB群)と脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)に分類されます。

ミネラルの中には、かなり多量に必要とされ(1日に約1〜2グラム)、主要栄養素とみなされるものがあります。カルシウム、塩化物、マグネシウム、リン(体内で主にリン酸塩として存在する)、カリウム、ナトリウムがそれに該当します。少量が必要なミネラルは微量栄養素とみなされ、微量ミネラルと呼ばれています。銅、フッ化物、ヨード、鉄、セレン、亜鉛などがそれに該当します。フッ化物を除いて、これらのミネラルはすべて、代謝に必要な酵素を活性化します。フッ化物はカルシウムと安定した化合物を形成し、骨や歯のミネラルの安定化を助け、むし歯予防に役立ちます。ヒ素、クロム、コバルト、ニッケル、シリコン、バナジウムなどの微量ミネラルは、一部の動物の栄養分としては必須ですが、人間の栄養分として必要不可欠なものとはされていません。微量ミネラルはいずれも高濃度では有毒になり、その一部(ヒ素、ニッケル、クロム)は発癌物質(はつがんぶっしつ)とされています。

ビタミンC、E、セレンなど一部のビタミンやミネラルは、果物や野菜に含まれるベータカロチンなどの物質と同様に、抗酸化物質として作用します。抗酸化物質は、細胞の正常な活動の副産物であるフリーラジカルによる損傷から細胞を保護します。フリーラジカルは、心疾患や癌といった病気の一因と考えられています。抗酸化物質が豊富に含まれている果物や野菜を適量食べている人は、心疾患や特定の癌になる確率が低いとされています。しかし、この効果が抗酸化物質によるのか、果物や野菜に含まれる他の物質によるのか、または別の要因によるものかは解明されていません。

個人情報の取扱いご利用条件