メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

食物繊維

-
-

食物の中には、体内で部分的にしか消化されない強靭(きょうじん)な複合炭水化物である繊維質を含むものがあります。消化可能な部分はある程度のカロリー源となり、消化されない部分は便として排出されます。便になる食物繊維は、腸が便を動かすのを助けて便秘を防ぎ、腸の圧力を減らして憩室の疾患を予防します。また、食物繊維を食べることは、大腸で細菌が産生する発癌物質の除去に役立ち、食事の後に生じる血液中の糖類とコレステロールの値の上昇を制御する役割も果たします。一般に、1日約30グラムの食物繊維を摂ることが推奨されています。米国では、1日に摂取される食物繊維は平均して約25グラムです。平均的な1食分の量の果物、野菜、シリアルには、それぞれ2〜4グラムの食物繊維が含まれています。

個人情報の取扱いご利用条件