メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ビタミンA

-
-

ビタミンAにはいくつかの型があります。その1つは、眼の網膜にある光受容体と呼ばれる光に敏感な神経細胞の構成要素です。皮膚、肺、腸、尿管の粘膜を健康に保つものもあります。ベータカロチンなどのカロチノイドは、体内でゆっくりとビタミンAに変換されます。ビタミンAに類似した物質であるレチノイドは、重度のにきびや乾癬の治療に使用され、特定の種類の癌(がん)治療への応用も研究されています。

ビタミンA欠乏症

ビタミンA欠乏症は、動物や魚の肝臓、緑黄色野菜、卵、全乳製品の摂取量が十分でない地域でよくみられます。腸で脂肪が吸収されにくくなる病気になると、ビタミンAの吸収が減少し、ビタミンA欠乏症になるリスクが高まります。腸や膵臓の手術も同様の影響を及ぼします。肝臓に障害があると、ビタミンAが蓄えられなくなります。

症状、診断、治療

ビタミンA欠乏症の初期症状は、網膜の障害が原因で起こる夜盲症です。白眼(強膜)と角膜が乾く場合もあり、眼球乾燥症と呼ばれます。眼球乾燥症は、ビタミンAの摂取量が不十分な場合を含め、重度のカロリー(エネルギー)不足やタンパク質が欠乏している(栄養不良を参照)子供で特によくみられます。ビトー斑と呼ばれる泡状の沈着物が白眼に現れます。乾いた角膜は軟らかく潰瘍化し、失明に至ることもあります。ビタミンA欠乏症は、開発途上国で失明の主な原因となっています。

ビタミンA欠乏症は、症状と血液中のビタミンA濃度が低いことに基づいて診断します。ビタミンA欠乏症になるリスクが高い人や、すでに欠乏症になっている人には、ビタミンAサプリメントが必要です。症状が2カ月以上続く場合には、医師は吸収不良を起こしている疾患について調べます。

ビタミンA過剰症

ビタミンAの過剰は有害です。1日あたりの推奨栄養所要量の10倍以上を数カ月にわたって毎日摂り続けると、ビタミンAの過剰による有害作用が生じます。乳児には少量でも有害で、ときには数週間で毒性が生じます。

カロチノイドは毒性を生じることなく食物で摂取できます。しかし、多量に摂取すると、皮膚が濃い黄色に変色し(カロチノーシス)、特に手のひらや足の裏に顕著に現れます。ベータカロチンのサプリメントを多量に摂取すると、発癌のリスクが高くなります。

症状、診断、治療

一度に大量のビタミンAを摂取すると、数時間で眠気、過敏、頭痛、嘔吐が生じ、皮膚がむけてきます。小児では、脳内の圧力(頭蓋内圧)が上昇し、吐き気が起こります。ビタミンAの摂取を中止しないと、昏睡状態になって死に至ることがあります。

長期間にわたってビタミンAの過剰摂取を続けると、髪の毛が荒れ、まゆを含めて部分的な脱毛が生じ、唇がひび割れ、肌が乾燥して荒れ、皮がむけることもあります。さらに、激しい頭痛、頭蓋内圧の上昇、全身の筋力低下が起こります。骨や関節の痛みが生じ、特に子供によくみられます。肝臓や膵臓が肥大することがあります。

妊娠中にイソトレチノイン(重度のにきびの治療に用いるビタミンA誘導体)を使うと、先天性奇形の原因になります。妊娠しているかその可能性がある女性は、先天性奇形を生じるおそれがあるので、安全な上限(3000マイクログラム)を超える量のビタミンAを摂取すべきではありません。

ビタミンA過剰症は、症状と血液中のビタミンA濃度が高いことに基づいて診断します。治療として、ビタミンAサプリメントの摂取を中止します。

個人情報の取扱いご利用条件