メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ビタミンK

-
-

ビタミンKには2つの型があります。栄養的に最も重要な型であるフィロキノンは、植物によりつくられ、食事から摂取されます。もう1つの型のメナキノンは、腸内細菌により産生されますが、限られた量しか吸収されません。ビタミンKは出血をコントロールするタンパク質(凝固因子)の合成に必要なので、ビタミンKがないと血液が正常に凝固できません。また、骨を健康に保つためにも必要です。

ビタミンK欠乏症

脂肪の吸収を妨げる病気は、ビタミンKの吸収も減らしてしまうので、ビタミンK欠乏症の原因になります。ミネラル分の豊富な油の大量摂取も、ビタミンKの吸収を減らします。ビタミンK欠乏症はまた、抗凝固薬、抗けいれん薬、特定の抗生物質などの薬を服用している人に発症することもあります。

ビタミンK欠乏症の1例が新生児の出血性疾患です。普通、新生児にはこの疾患を予防するためにビタミンKを注射します。生まれたときにこの注射を受けず、母乳で育った乳児の場合は、特にビタミンK欠乏症になりやすい傾向があります。

症状、診断、治療

主な症状は、あざができる皮下出血、鼻や傷からの出血、胃の中での出血(ときに吐血を伴う)、腸の中での出血です。出血は尿や便にもみられます。新生児では、脳内やその周辺部で生命にかかわる出血が起こることがあります。ビタミンK欠乏症で骨が弱くなることもあります。

ビタミンK欠乏症が疑われる場合には、血液の凝固能を調べる検査を行います。抗凝固薬を使っていたり肝臓に損傷があると、検査で異常な結果が出ることもあります。

治療では、ビタミンKを注射するか、抗凝固薬の投与量を調整します。ビタミンK欠乏症で重度の肝臓障害がある場合は、輸血をして血液の凝固因子を補う必要もあります。損傷を受けた肝臓は、ビタミンKを注射した後でも、プロトロンビンなどの血液凝固因子を合成できないことがあります。

個人情報の取扱いご利用条件