メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ビタミンB1

-
-

ビタミンB1(チアミン)は、炭水化物の代謝(エネルギーをつくる)と、神経および心臓の正常な機能に必要不可欠です。

ビタミンB1欠乏症

ビタミンB1欠乏症は、普通は食事での摂取不足が原因です。精製された白米を主食とする人は、ビタミンB1欠乏症になるリスクがあります。精米すると、ほぼ全部のビタミン類が取り除かれてしまうからです。食事の代わりに飲酒するようなアルコール依存症の人も、ビタミンB1欠乏症になるリスクが高いといえます。

症状

初期症状は、特異的なものではありません。疲労、過敏、記憶障害、食欲減退、睡眠障害、腹部不快感、体重減少などが起こります。やがて、重度のビタミンB1不足による脚気(かっけ)になり、神経、心臓、脳の異常が起こります。

脚気の症状は人によって異なります。1つは乾性脚気と呼ばれるもので、神経と筋肉の異常を引き起こします。症状としては、つま先にピンや針で刺されているようなチクチクする痛みがあり、足に焼けるような感覚が生じて夜間に特に激しくなり、脚の筋肉に痛み、脱力感、萎縮がみられます。

湿性脚気は心臓の異常を引き起こします。症状としては、心拍出力が増え、心拍数が増加し、血管が拡張して皮膚が温かく湿った感じになります。心臓は高い拍出量を維持できないため、やがて心不全に至り、脚や肺に水がたまります(脚の場合は水腫、肺の場合はうっ血)。その結果、血圧が下がり、ショックから死に至ることもあります。

ビタミンB1不足による脳の異常は、主にアルコール依存症の人に起こります。脳の異常は、アルコールの飲みすぎによって引き起こされるようなビタミンB1濃度の急激な低下、あるいは栄養不良のアルコール依存症患者に点滴で栄養を補給したときに起こるようなビタミンB1必要量の急激な増加によって、慢性的なビタミンB1欠乏症が突然悪化したときに生じます。

脳の異常は2段階で生じます。初期の段階はコルサコフ症候群、後期の段階はウェルニッケ脳症と呼ばれます。両方を合わせて、ウェルニッケ‐コルサコフ症候群(脳の機能障害: 健忘症を参照)と呼ばれます。コルサコフ症候群は記憶喪失を引き起こし、ウェルニッケ脳症は、精神錯乱、歩行困難、眼の障害(眼振症や眼の麻痺[まひ])を引き起こします。ウェルニッケ脳症はただちに治療しないと、症状が悪化し、昏睡から死に至ることもあります。

診断と治療

診断は症状に基づいて行います。診断を確定する簡便な検査はありません。欠乏状態がどのような形でも、すべてビタミンB1サプリメントで治療します。

緊急処置を要するウェルニッケ脳症は、ビタミンB1を数日間にわたって大量投与して治療します。アルコール依存症の可能性がある人に点滴で栄養補給をしなければならない場合には、予防処置としてビタミンB1サプリメントを投与します。ウェルニッケ‐コルサコフ症候群の場合は、脳の一部が不可逆的に損傷しているため、完全には回復しないことがよくあります。脚気の症状は、回復したようにみえても、数年後に再発することがあります。

個人情報の取扱いご利用条件