メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

フッ化物

-
-

体内のフッ化物のほとんどは骨と歯にあります。フッ化物は健康な骨や歯の形成に必要です。

フッ化物欠乏症

フッ化物欠乏症は、むし歯や骨粗しょう症を引き起こします。十分なフッ化物の摂取はむし歯を防ぎ、骨を強くします。飲料水にフッ化物を添加し、フッ化サプリメントを用いることにより、むし歯になるリスクは著しく減少します。

フッ化物過剰症

飲料水に高濃度のフッ化物が自然に含まれている地域に住む人は、フッ化物を摂りすぎてしまいます。これはフッ素症と呼ばれます。フッ化物は歯、特に永久歯に蓄積します。歯のエナメル質の表面にチョークのように白い不規則な斑点が現れ、エナメル質がまだらに変色します。表面がでこぼこになることもあります。これは見た目に影響を及ぼすだけで、むし歯に対するエナメル質の抵抗力はむしろ強くなります。フッ化物は骨にも蓄積します。まれに、長期間にわたってフッ化物を摂りすぎると、密度は高いけれどもろい骨、脊椎の異常な骨の成長(棘突起)、靭帯(じんたい)のカルシウム蓄積(石灰沈着)による肢体不自由の原因となります。

フッ化物過剰症は、症状に基づいて診断します。治療としては、フッ化物の摂取量を減らします。たとえば、水にフッ化物が多く含まれている地域に住む人は、その水を飲まないようにし、フッ化物サプリメントも摂るべきではありません。子供には、フッ化物入りの歯みがき粉を飲みこまないよう指導します。

個人情報の取扱いご利用条件