メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

カリウム

-
-

体内のカリウムの大半が細胞の内部にあります。カリウムは、細胞、神経、筋肉が正常に機能するのに必要です。

血液中のカリウム濃度は正常値の範囲が狭く、その範囲内に維持しなければなりません。カリウム濃度が高すぎたり低すぎたりすると、不整脈や心停止など重大な結果を招くことがあります。体は細胞内に蓄えられたカリウムを使って、血液中のカリウム濃度を一定に維持することができます。

体は、取り込むカリウムの量と失った量を一致させることで、そのバランスを取ります。カリウムは食物や電解質を含んだ飲料から摂取され、主に尿と一緒に排泄されますが、消化管や汗からも失われます。健康な腎臓は、食事からの摂取量の変化に合わせて、カリウムの排出量を調整できます。特定の薬や疾患は、細胞内を出入りするカリウムの移動に影響を及ぼし、血液中のカリウム濃度を大きく左右します。

低カリウム血症

低カリウム血症では、血液中のカリウム濃度が非常に低くなります。過度のカリウムの喪失は、普通は嘔吐、下痢、慢性的な下剤の使用、または結腸ポリープが原因です。まれに、極度の高温多湿の状態で多量の汗をかくことによっても、多量のカリウムが失われます。カリウムはさまざまな食物に含まれているので、バランスの取れた食事をしている人に低カリウム血症が起こることはまれです。

カリウムが尿に出てしまう理由はいくつかあります。最も一般的なのは、腎臓に働きかけて過度のナトリウム、水、カリウムを排出させる利尿薬の使用です。アルドステロンは腎臓に働きかけて多量のカリウムを排出させるホルモンですが、クッシング症候群になると、副腎がこのホルモンを過度に分泌します(副腎の病気: クッシング症候群を参照)。また、大量のカンゾウや特定のかみタバコを使用する人の場合も、カリウムの排出量が増えます。リドル症候群(尿細管障害と嚢胞性腎疾患: リドル症候群を参照)、バーター症候群(尿細管障害と嚢胞性腎疾患: バーター症候群を参照)、ファンコニ症候群(尿細管障害と嚢胞性腎疾患: ファンコニ症候群を参照)の患者には、カリウムを保持する腎臓の能力が阻害されるというまれな障害がみられます。

インスリン、喘息(ぜんそく)治療薬のアルブテロール、テルブタリン、テオフィリンといった特定の薬剤は、細胞内へカリウムが入る動きを促進し、その結果、低カリウム血症を引き起こすことがあります。しかし、これらの薬剤の使用だけが原因で低カリウム血症になることはまれです。

血液中のカリウム濃度が軽く低下している程度では、普通は症状は生じません。激しく低下すると、筋力低下やけいれんを起こし、場合によっては麻痺が生じます。心疾患がある場合には、不整脈を起こします。心臓の薬のジゴキシンを服用している場合は、軽度の低カリウム血症でも危険です。診断は、血液中のカリウム濃度が低いことに基づいて行います。

カリウムは、カリウムが豊富に含まれている食品を食べるか、サプリメントを服用することで補います。カリウムは消化管を刺激することがあるため、サプリメントは1回に多量に摂取するよりも、1日数回に分けて、食べものと一緒に少量ずつ摂取するようにします。ワックスをしみこませたり、塩化カリウムをマイクロカプセルに入れるなど、特別なタイプのサプリメントを使用すれば、消化管への刺激は大幅に少なくなります。

利尿薬を服用している人の大半は、カリウムのサプリメントを摂取する必要はありません。ただし、医師は定期的に血液中のカリウム濃度を測定して、必要に応じて薬の使い方を調整します。カリウム保持性利尿薬(トリアムテレン、アミロライド、スピロノラクトンなど)を加える治療法もありますが、腎臓が正常に機能している場合に限られます。

高カリウム血症

高カリウム血症では、血液中のカリウム濃度が非常に高くなります。普通は、腎臓が十分なカリウムを排出しないことが原因で起こります。軽度の高カリウム血症の原因として最もよくみられるのは、腎臓への血流を減らす薬や、腎臓が正常な量のカリウムを排出するのを阻害する薬の使用です。このような薬には、トリアムテレン、スピロノラクトン、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬があります。アジソン病も高カリウム血症の原因になります。アジソン病になると、腎臓を刺激してカリウムを排出させるホルモンのアルドステロンを副腎が十分に分泌しなくなります(副腎の病気: アジソン病を参照)。腎不全は重度の高カリウム血症を引き起こすことがあります。

高カリウム血症は、多量のカリウムが細胞から急に放出されたときにも生じます。細胞からカリウムが突然放出されるのは、衝突事故による外傷に伴う多量の筋組織の破壊、重度のやけど、コカインの多量吸入などが原因です。カリウムが細胞から血液中に急激に移動すると、腎臓に過度の負担を与え、その結果、生命にかかわる高カリウム血症になります。

軽度の高カリウム血症は、ほとんど症状を起こしません。普通は、定期的な血液検査を受けた際に発見されるか、心電図の変化に医師が気づいて初めてわかる程度です。血液中のカリウム濃度が非常に高いと、不整脈を起こすこともあり、危険です。また、カリウム濃度がきわめて高いと、心臓が止まることがあります。

軽度の高カリウム血症であれば、カリウムの摂取量を減らすか、腎臓がカリウムを排出するのを阻害する薬の服用を中止するだけで、治療としては十分です。腎臓が正常に機能していれば、利尿薬を投与してカリウムの排出量を増やします。

重度の高カリウム血症には、迅速な治療が必要不可欠です。消化管からカリウムを吸収し、便と一緒に体外に出す作用のあるレジン(樹脂)を、経口または浣腸で投与します。この治療を行う際には、同時に下痢も誘発させて、カリウムを吸収したレジンがすみやかに体外へ排出されるようにします。

さらに迅速な治療が必要な場合は、カルシウム、ブドウ糖、またはインスリンを点滴で投与します。カルシウムには、高濃度のカリウムの影響から心臓を保護する働きがありますが、カリウム濃度そのものは下げません。この保護作用は数分間しか続きません。ブドウ糖とインスリンは、カリウムを血液から細胞へ移動させ、血液中のカリウム濃度を下げます。こうした方法で効果がないときや腎不全を起こしている場合は、透析を行って余分なカリウムを取り除く必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件