メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

コレステロールと中性脂肪は、血液中にある重要な脂肪(脂質)です。コレステロールは、細胞膜、脳と神経細胞、体が脂肪と脂溶性ビタミンを吸収するのを助ける胆汁に必要不可欠な物質です。体はコレステロールを使って、エストロゲン、テストステロン、コルチゾールなどさまざまなホルモンやビタミンDをつくります。体は必要なコレステロールをすべて体内でつくることができますが、食物からも摂取します。脂肪細胞に含まれる中性脂肪は、分解され、成長などの体の代謝過程に必要なエネルギーとして使用されます。中性脂肪は、腸と肝臓で脂肪酸という小さな脂肪からつくられます。脂肪酸には、体内でつくられるものもありますが、食物から摂取しなければならないものもあります(栄養の基礎知識: 脂肪を参照)。

血液はほとんどが水分なので、コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液中をよどみなく流れることができません。そこで、血液中を循環するために、タンパク質などの物質と結びついて、リポタンパクと呼ばれる粒子を形成します。

リポタンパクにはいくつかの種類があります。それぞれ異なる役割があり、それぞれ異なる形で分解され、放出されます。リポタンパクには、カイロミクロン、超低密度リポタンパク(VLDL)、低密度リポタンパク(LDL)、高密度リポタンパク(HDL)があります。LDLによって運ばれるコレステロールはLDLコレステロール、HDLによって運ばれるコレステロールはHDLコレステロールと呼ばれます。

体はリポタンパクをつくる速度を増減することによって、リポタンパク濃度(すなわち脂質濃度)を調整できます。また、リポタンパクが血流に出入りする速さも調整できます。

コレステロールと中性脂肪の値は、日によって大幅に変動します。ある測定時から次の測定時までに、コレステロール値は約10%、中性脂肪値は最大25%も変動することがあります。

脂質濃度は、加齢に伴う変化、遺伝性疾患を含むさまざまな病気、薬の使用、生活習慣(高脂肪の食事、運動不足、肥満)によって異常値になることがあります。

脂質、特にコレステロールの異常値は、アテローム動脈硬化など長期間にわたる障害の原因になります。一般に、LDL、HDL、VLDLコレステロールを含めた総コレステロール値が高いか、悪玉と呼ばれるLDLコレステロール値が高いと、アテローム動脈硬化のリスクが高くなり、それによって心臓発作や脳卒中のリスクも高くなります。しかし、すべてのコレステロールがこのリスクを高めるわけではありません。善玉と呼ばれるHDLコレステロール値が高い場合はリスクが減少し、反対にこの数値が低い場合はリスクが高くなります。中性脂肪値が心臓発作にどう影響するかについては、コレステロールほど明確ではありません。しかし、非常に高い中性脂肪値(血液500mg/dL以上)では、膵炎のリスクが高まります。20歳を超えたら、少なくとも5年に1回は、絶食時の総コレステロール値、中性脂肪値、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値を測定する必要があります。これらの測定結果は、まとめて絶食時リポタンパクプロフィルと呼ばれます。

脂肪を運ぶリポタンパクの種類

種類

合成機序

含有する脂質

働き

カイロミクロン 腸で消化された食物の脂肪から形成 ほとんど中性脂肪 消化された脂肪を中性脂肪として筋肉や脂肪細胞へ運ぶ
超低密度リポタンパク(VLDL) 肝臓で形成

2分の1以上が中性脂肪

約4分の1がコレステロール

中性脂肪を肝臓から脂肪細胞へ運ぶ
低密度リポタンパク(LDL) 中性脂肪を脂肪細胞へ運んだ後のVLDLから形成

2分の1以上がコレステロール

10分の1以下が中性脂肪

コレステロールをさまざまな細胞へ運ぶ
高密度リポタンパク(HDL) 肝臓と小腸で形成

約4分の1がコレステロール

約20分の1が中性脂肪

体内の組織からコレステロールを取り除き肝臓へ運ぶ

個人情報の取扱いご利用条件