メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脱水

-
-

脱水は体内の水分が不足している状態です。

脱水は、摂取する水分よりも失う水分が多い場合に起こります。嘔吐、下痢、利尿薬の使用、暑さなどによる多量の発汗、水分の摂取不足が脱水の原因になります。

脱水は特に高齢者によくみられます。のどの渇きを感じる中枢が、若い人のように正常に機能しないためです。そのため、高齢者は自分が脱水状態であることに気づかない場合があります。糖尿病(糖尿病を参照)、尿崩症(下垂体の病気: 中枢性尿崩症を参照)、アジソン病(副腎の病気: アジソン病を参照)は、尿の排出量を増加させ、脱水を引き起こします。

脱水状態になると、のどの渇きを感じる脳の中枢が刺激され、水分を摂取するという行動が促されます。水分の摂取量が失った分に追いつけないと、脱水状態がさらに激しくなります。発汗量が減り、尿の排出量も少なくなります。必要な量の血液と血圧を維持するために、水分が細胞内から血流へ移動します。脱水が続くと、体の組織が乾きはじめ、細胞はしぼんで機能しなくなります。軽度から中程度の脱水の場合には、のどが渇く、汗が少なくなる、皮膚が弾力を失う、尿の量が減る、口が渇くなどの症状が出ます。重度の脱水では、脳細胞が特に敏感に影響を受けます。したがって、錯乱は激しい脱水状態であることを示す指標の1つだといえます。きわめて激しい脱水は、昏睡を引き起こします。

脱水状態になると、血液中のナトリウム濃度が上昇します(体内の抗利尿ホルモンが多すぎる場合を参照)。しかし、多量の発汗、嘔吐、下痢など、一般的な原因による脱水の際には、電解質(特にナトリウムやカリウム)も失われます。したがって、脱水になるとナトリウムの量自体は減りますが、それ以上に水分も失われるため、ナトリウムの濃度は上昇します。血液中の電解質が不足すると、水分が細胞内から血液中へ移動しにくくなるため、血液中の水分量が十分に補充されなくなります。その結果、血圧が下がり、立ちくらみ(起立性低血圧)や失神が起こります。水分や電解質がさらに失われると、血圧が危険なレベルまで低下してショック状態となり、腎臓、肝臓、脳などさまざまな内臓器官に重度の損傷が生じます。

治療

治療より予防が大切です。成人は毎日少なくともコップ6杯分、暑い日はそれ以上の水分を取るべきです。運動、発熱、暑さは、体が必要とする水分量を増やします。軽い脱水は、水をたくさん飲むだけで解消されます。電解質(特にナトリウムやカリウム)も、失われた場合には適切に補う必要があります。いわゆるスポーツドリンクは、激しい運動で失われる電解質を補うように調整されているので、脱水の予防や軽い脱水の治療に使用できます。運動中や運動後には、多量の水を飲み、塩の錠剤やスポーツドリンクなどで少量の塩分を補給すると上手に予防できます。心臓や腎臓に障害がある場合は、運動前に、安全な水分補給について医師に相談した方がよいでしょう。

激しい脱水には、医師による治療が必要です。血圧が非常に低くなった場合には、生理食塩水を点滴します。点滴液は初めのうちは速く投与し、全身状態の改善に合わせて速度を落としていきます。

脱水を引き起こしている原因も治療の対象です。たとえば、下痢を起こしている場合には、水分補給に加えて、下痢をコントロールまたは止める薬が必要です。

治療後、脱水からの回復期に入ったら、脱水を予防するのに十分な量の水分を取っているかどうかを確認します。

個人情報の取扱いご利用条件