メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

男性化

-
-

男性化は体の男性らしい特徴が誇張される状態で、通常は女性にみられ、副腎のアンドロゲン(テストステロンとその類似物質)の過剰産生が原因です。

男性化の最も多い原因は、副腎皮質のホルモン産生部位の増大によるものです(副腎過形成)。原因が副腎の小さなホルモン産生腫瘍(腺腫や癌)であることもあります。ときには、副腎以外の癌がアンドロゲンをつくって男性化が生じることがあります。筋肉量を増やすためにアンドロゲン(タンパク同化ステロイド薬)を大量に摂取する運動選手に、男性化の症状が現れることがあります(乱用のおそれがあるその他の薬物を参照)。卵巣嚢胞が増大すると男性化が現れますが、ほとんどが軽度です。副腎内の酵素(タンパク質)の異常で男性化が起こることもあります。

症状と診断

男性化の症状には、顔の毛や体毛が濃くなる(多毛症)、頭髪が薄くなる、にきびが出る、声が低くなる、筋肉が増える、性衝動が強くなるなどがあります。女性では子宮が萎縮する、陰核が大きくなる、乳房が小さくなる、正常な月経が止まる、などがみられます。

これらの身体的変化の組み合わせから、男性化は容易に発見されます。診断は血液中のアンドロゲン値を測定して行われます。アンドロゲン値が非常に高い場合はデキサメタゾン抑制試験を行い、原因が副腎である場合は、問題が腺腫によるものか、副腎過形成かを調べます。原因が副腎過形成の場合は、デキサメタゾンが副腎のアンドロゲン産生を妨げます。腺腫や癌が原因の場合は、デキサメタゾンによるアンドロゲン産生の抑制は限定的か、あるいはまったく抑制されません。CT検査やMRI検査で副腎の画像診断を行います。女性で嚢胞性卵巣の場合、テストステロンは正常値ですが、タンパク質との結合が少ないので遊離(非結合)テストステロンの割合が比較的高くなります。

治療

アンドロゲンを産生する腺腫や副腎癌は、腫瘍のある副腎を外科的に切除して治療します。副腎過形成にはデキサメタゾンなどのステロイド薬を少量使用してアンドロゲンの産生を徐々に減少させます。嚢胞性卵巣による軽度の男性化は治療をしなくてもよいことがありますが、治療は経口避妊薬などの遊離テストステロン値を低下させる薬、あるいはテストステロンの効果を遮断する薬を使用します。

個人情報の取扱いご利用条件