メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アルドステロン過剰症

-
-

アルドステロン過剰症は、アルドステロンの過剰産生が水分貯留による血圧の上昇、脱力感、まれに周期的な麻痺(まひ)を引き起こす病気です。

アルドステロンは副腎でつくられ、分泌されるホルモンで、腎臓に信号を送ってナトリウムの排出を抑え、カリウムの排出を促します。アルドステロンの産生はコルチコトロピン(下垂体から分泌される)や、一部はレニン‐アンジオテンシン‐アルドステロン系(血圧の調節:レニン‐アンジオテンシン‐アルドステロン系を参照)によって調節されています。レニンは腎臓でつくられる酵素で、副腎のアルドステロンの産生を刺激するホルモンであるアンジオテンシンの活性を制御します。

アルドステロン過剰症は副腎内の腫瘍(非癌性の腺腫)によって起こり(コーン症候群と呼ばれる)、両方の副腎に発生することもあり、過剰分泌を引き起こします。アルドステロン過剰症は血圧が非常に高かったり(高血圧)、腎臓の動脈の一部が狭くなるといった特定の病気に対する反応として起きることもあります。

天然甘草を食べる

天然の甘草を大量に食べると、アルドステロン過剰症のすべての症状が現れます。天然甘草はアルドステロン様作用の化学物質を含みますが、甘草入り(リコリス入り)として販売されている菓子の大半には、天然甘草はほとんど含まれていないか、まったく含まれていません。

症状と診断

アルドステロン値が高いとカリウム値は低くなります。カリウム値が低くても症状は現れませんが、脱力感、刺すような痛み、筋肉のけいれん、一時的な麻痺などが認められることもあります。のどが激しく渇いて排尿が頻繁になる場合もあります。

アルドステロン過剰症が疑われると、まず血液中のナトリウムとカリウムの値を測定します。アルドステロン値も測定します。これらの値が高ければ、アルドステロンの作用を阻害するスピロノラクトンを投与して、ナトリウムとカリウムの値が正常に戻るかどうかをみます。コーン症候群ではレニンも非常に低い値を示します。

アルドステロンが過剰産生されている場合には、副腎の非癌性腫瘍(腺腫)の有無を検査します。CT検査やMRI検査が役に立ちますが、ときどき体の各所から血液を採取してホルモンの産生部位を探す検査も行わなければなりません。

治療

腫瘍が発見されれば外科的に切除します。腫瘍がなくなると血圧は正常に戻り、約70%がその他の症状もなくなります。腫瘍が発見されず両方の副腎が過剰分泌であれば、副腎を部分的に切除しますが、これだけでは高血圧をコントロールできません。副腎を全摘出すると副腎機能不全が生じるアジソン病になって、一生、治療が必要になります。通常はスピロノラクトンで症状を抑え、降圧薬はいろいろな種類を使用できます。まれに両方の副腎摘出が行われます。

個人情報の取扱いご利用条件