メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

血液の成分

-
-

血漿

血漿は血液の液体成分で、赤血球、白血球、血小板などは血漿の中に浮遊しています。血漿は血液の量の半分以上を占め、そのほとんどが水分です。血漿の中には塩類(電解質)や、アルブミンなどのタンパク質が溶けています。アルブミンは血液の液体成分が血管から組織に漏れ出るのを防ぎ、またホルモンや薬などの物質に結合して運搬する働きをしています。血漿中のタンパク質にはこのほか、ウイルス、細菌、真菌、癌(がん)細胞などから体を保護する役割を担う抗体(免疫グロブリン)や、出血を止める血液凝固因子などがあります。

血漿には別の働きもあります。水分の貯蔵庫として、組織に水分が不足していれば補給し、余分になると吸収します。つまり、体内の組織に水分が足りなくなると、まず血漿が供給源になります。血漿は血管を満たして絶えず流れていることにより、血管がつぶれたり詰まったりするのを防ぎ、血圧と全身の循環を維持するのに役立っています。また血漿は、温める必要のある部分に体内の組織から熱を運んだり、腕、脚、頭などの熱が逃げやすい部分を流れることで、必要に応じて体を温めたり冷やしたりするという役割も担っています。

赤血球

写真

赤血球

赤血球

赤血球は血液量の約40%を占めています。赤血球には酸素を運搬するタンパク質のヘモグロビンがあり、肺から全身の組織に酸素を運んでいます。血液の赤い色は、このヘモグロビンによるものです。細胞は酸素を使って体に必要なエネルギーをつくり、老廃物として二酸化炭素を出します。赤血球はこの二酸化炭素を組織から肺へ運びます。赤血球の数が少なすぎると(貧血)、十分な量の酸素を運ぶことができず、疲労や衰弱などの症状が出ます。赤血球の数が多すぎると(赤血球増加症)、血液が濃くなりすぎて固まりやすくなり、心臓発作や脳卒中のリスクが高くなります。

白血球

白血球の数は赤血球に比べて少なく、赤血球約660個に対して1個の割合です。白血球の主な働きは、体を感染から守ることです。白血球には5つのタイプがあります。最も数の多い好中球は、細菌や真菌を殺し異物を取りこむことによって、体を感染症から守ります。リンパ球には3つの種類があります。そのうちのTリンパ球とナチュラルキラー細胞は、ウイルスの感染を防ぎ、ある種の癌細胞を発見して破壊します。Bリンパ球は抗体をつくる細胞に変化します。単球は死んだ細胞や損傷した細胞を取りこみ、さまざまな感染微生物から体を守ります。好酸球は寄生虫を殺し、癌細胞を破壊するほか、アレルギー反応にも関係しています。好塩基球もアレルギー反応に関係しています。

写真

リンパ球

リンパ球
写真

好中球

好中球
写真

単球

単球
写真

好酸球

好酸球
写真

好塩基球

好塩基球

白血球には血流に乗ってスムーズに流れているものもありますが、多くは血管の壁に付着していて、中には血管壁を通り抜けて他の組織に入りこむものもあります。白血球は感染を起こした部位や問題のある部位に到着すると、さらに多数の白血球を呼び寄せる物質を放出します。白血球はちょうど軍隊のように、普段は全身に分散していますが、招集がかかるとたちまち集合し、微生物を取りこんで消化したり、抗体を産生することによって、侵入してきた微生物と闘います。抗体は微生物に結合することで、白血球による破壊を容易にします(免疫システムのしくみと働き: はじめにを参照)。

白血球数が少なくなりすぎると(白血球減少症)、感染を起こしやすくなります。白血球数が正常より多くなった場合(白血球増加症)、それによって症状が直接的に引き起こされることはありませんが、感染症や白血病などの病気の徴候として白血球数が増えることがあります。

血小板

血小板は、赤血球や白血球より小さな細胞に似た小片です。血小板の数は赤血球より少なく、赤血球約20個に対して1個の割合です。血小板は血液の凝固作用に関与していて、出血部位に集まって凝集し、血のかたまり(血栓)をつくって血管の損傷部分をふさぎます。同時に、さらに凝固を促す物質を放出します。血小板の数が少なすぎると(血小板減少症)、あざ(挫傷)ができやすくなったり、異常な出血が起こりやすくなります。血小板が多すぎると(血小板血症)、血液が固まりやすくなり、脳卒中や心臓発作の原因になります。

写真

血小板

血小板
写真

細胞の構成要素

細胞の構成要素

個人情報の取扱いご利用条件