メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

症状

-
-

血液疾患の症状は多くの場合、あいまいで特徴に乏しい傾向があります。つまり、体のどの部分の疾患にもあてはまるような症状、たとえば疲労、衰弱、息切れ、発熱、体重減少、疼痛、めまい、失神、出血過剰、あざができやすい、皮膚に赤や紫色の小さな斑点が現れるといった症状があります。

1つの症状だけで血液疾患が明らかにわかるということはありませんが、特定の症状がいくつか同時にみられる場合は、血液疾患の可能性が示されます。そういった症状はたいていの場合、赤血球数の減少(貧血)、白血球数の減少(白血球減少症)、血小板数の減少(血小板減少症)など血球の減少と関係しています。たとえば、衰弱と息切れがある場合は貧血、発熱と感染がある場合は白血球数の減少、出血やあざ(挫傷)が生じやすい場合は血小板数の減少が生じている可能性があります。

逆に、症状が血球数の増加に関連している場合もあります。たとえば、赤血球数または白血球数が増加して血液が濃くなると(血液粘度の上昇)、息切れ、頭痛、めまい、錯乱などが起こることがあります。

さらに、血液凝固を正常に保つ因子に異常が生じると、血液が固まりにくくなってあざや出血が生じたり、異常な血のかたまりが形成されて、脚の一部が痛みや熱をもったり、息切れや胸痛が突然生じるといった症状が現れる場合があります。

個人情報の取扱いご利用条件