メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

輸血とは、血液や血液成分を供血者(ドナー)から受血者(レシピエント)に移すことです。

米国では毎年約2700万件の輸血が行われています。輸血の目的としては、血液の酸素運搬能力の向上、体内の血液量の回復、免疫力の回復、凝固異常の正常化などがあり、主に、事故にあった人、手術中の人、白血病などのがんや、鎌状赤血球貧血やサラセミアなどの血液の病気で治療を受けている人に対して行われます。

米国では、食品医薬品局(FDA)が血液とその成分の採取、保管、輸送を厳しく規制しています。これらの規制は供血者と受血者の両方を守るために設けられたものです。これに加えて、米国赤十字社、米国血液銀行協会などの機関や、州と地域の保健当局がそれぞれ基準を設定しています。これらの規則によって、供血(血液を提供すること。献血)や輸血の安全性はきわめて高くなりました。それでも、輸血を受ける人には、アレルギー反応、発熱や悪寒、血液量過剰、細菌感染やウイルス感染などのリスクがあります。輸血によってエイズや肝炎にかかる確率は非常に低くなっていますが、これらのリスクを考慮して、輸血はそれ以外に選択肢がないときにのみ行われます。

個人情報の取扱いご利用条件