メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

貧血とは、赤血球の数やヘモグロビン(酸素を運ぶ赤血球中のタンパク質)の量が少ない状態をいいます。

赤血球には、肺から全身の組織に酸素を運ぶタンパク質のヘモグロビンがあります。赤血球数が減少したり、赤血球中のヘモグロビン量が少なくなると、血液は酸素を十分に供給できなくなります。組織に酸素が十分に供給されないと、貧血の症状が現れます。

原因

貧血の原因はさまざまですが、大きく分けると、失血(大量出血)、赤血球の産生不足、赤血球の過剰な破壊の3つに分類できます。

多量の出血は貧血を引き起こします。事故や手術などで突然出血する場合もありますが、多くの場合は、消化管や尿路の異常などによる出血が徐々に繰り返し生じます。慢性的な出血があると体内の鉄分が減少し、貧血がさらに悪化します。

体が十分な量の赤血球をつくれないことも、貧血の原因になります。赤血球の産生には多くの栄養素が必要です。最も重要なものは鉄、ビタミンB12、葉酸ですが、ごく微量のビタミンC、リボフラビン、銅も必要です。また、ホルモンの適切なバランスも必要で、特に赤血球の産生を促進するホルモンであるエリスロポエチンが重要です。これらの栄養素やホルモンがないと、赤血球の産生速度や産生量が低下したり、赤血球が変形して酸素を十分に運べなくなったりします。慢性疾患が赤血球の産生に影響する場合もあります。白血病、リンパ腫、転移癌などでは、骨髄腔に腫瘍細胞が侵入して骨髄に置き換わり、そのため赤血球の産生が低下することがあります。

多数の赤血球が破壊された場合にも、貧血になります。通常、赤血球の寿命は約120日間です。この寿命に近いものや寿命を過ぎたものは、骨髄、脾臓、肝臓にある貪食細胞に捕食され、破壊されます。寿命に達していない赤血球が破壊されると(溶血)、骨髄はそれを補うために新しい赤血球の産生を速めます。赤血球の産生を上回るペースで破壊が進むと、溶血性貧血が起こります。溶血性貧血は、出血過剰や赤血球産生低下による貧血に比べると、比較的まれな貧血です。

貧血の主な原因

出血過剰

赤血球の産生低下

赤血球の破壊亢進

  • 急性
  • 事故
  • 手術
  • 出産
  • 血管破裂

  • 慢性
  • 鼻出血
  • 胃や小腸の潰瘍
  • 消化管の癌やポリープ
  • 腎臓や膀胱の腫瘍
  • 月経による大量出血

  • 鉄欠乏
  • ビタミンB12欠乏
  • 葉酸欠乏
  • ビタミンC欠乏
  • 慢性疾患
  • 再生不良性貧血
  • 骨髄線維症
  • 骨髄異形成
  • 多発性骨髄腫
  • 白血病
  • リンパ腫
  • 転移癌
  • 脾腫
  • 赤血球の物理的損傷
  • 赤血球に対する自己免疫反応
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症
  • 遺伝性球状赤血球症
  • 遺伝性楕円赤血球症
  • G6PD欠損症
  • 鎌状赤血球症
  • ヘモグロビンC病
  • ヘモグロビンSC病
  • ヘモグロビンE病
  • サラセミア
貧血のその他の原因

原因

発症のしくみ

治療

備考

脾腫 腫大した脾臓によって赤血球が過度に取りこまれて破壊される 脾腫の原因となる疾患を治療する。手術による脾臓の摘出が必要となることがある 症状は一般に軽い。血小板数と白血球数の減少がよくみられる
赤血球の損傷 動脈瘤などの血管異常、人工心臓弁、極度の高血圧によって正常な赤血球が破壊される 赤血球損傷の原因を明らかにして治療する 赤血球の破片は最終的に腎臓でろ過されて血液から除去されるが、これにより腎臓が損傷することがある
発作性夜間ヘモグロビン尿症 免疫系による赤血球の破壊が突然(夜間に限らず)起こる コルチコステロイド薬で症状を緩和できるが、治癒することはない。血栓がある場合は抗凝固薬が必要。骨髄移植が必要となることがある 重度の胃けいれんを起こし、腹部や脚の大静脈に血栓ができる場合がある
遺伝性球状赤血球症 赤血球が変形して硬くなり、脾臓に取りこまれて破壊される 治療は通常は必要ないが、重度の貧血では脾臓の摘出が必要となることがある 遺伝性の病気で、塔状頭骨(異常に高くとがった円錐形の頭蓋)や手足の指の数が多いといった骨の異常も引き起こす
遺伝性楕円赤血球症 赤血球が正常な円盤形でなく、楕円形になる 重度の貧血では脾臓の摘出が必要となることがある 貧血は軽度のことが多く、治療の必要はない
G6PD欠損症 赤血球膜のG6PD酵素が欠損しているために、赤血球が分解されやすくなる 発熱、糖尿病の低血糖発作、アスピリン、ビタミンK、ソラマメなど、貧血の引き金になる状態や物質を避けることで予防する ほぼ男性に限られる遺伝性の病気。発症率は黒人男性で約10%、地中海地域出身の白人ではそれよりやや低い

症状と診断

貧血の程度と進行の速さによって、症状はさまざまです。軽度の貧血で、特に進行が遅いものでは、症状がまったく現れないか、運動したときだけ症状がみられます。重度の貧血になると、安静にしていても症状があります。血管の破裂による出血などで貧血が急に進んだ場合は、貧血の程度が軽度であれ重度であれ、症状が強く現れます。

軽度の貧血では、疲労や衰弱がみられ、顔色が青白くなります。貧血が重くなると、失神、めまい、のどの渇き、発汗、脈が弱く速くなる、呼吸が速くなるなどの症状が加わります。重度の貧血では、運動中に起こるふくらはぎのけいれんや痛み、息切れ、胸痛などの症状が起こり、特に脚の血行が悪くなっている場合や、肺や心臓の病気がある場合は、こうした症状が顕著になります。

貧血は、症状を自覚する前に定期的な血液検査で見つかることもあります。

ヘモグロビン値とヘマトクリット値(血液の全体積中に占める赤血球の割合)が低ければ、貧血と診断されます。ほかの検査も行って貧血の原因を調べます。

個人情報の取扱いご利用条件