メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

鉄欠乏性貧血

-
-

鉄欠乏性貧血は、赤血球の産生に必要な鉄の貯蔵量の不足や欠乏によって起こります。

体内の鉄分を使いきるには数カ月かかるため、鉄欠乏性貧血は概してゆっくりと進行します。鉄の貯蔵量が減少すると、骨髄の赤血球産生が徐々に低下します。貯蔵された鉄分がなくなると、赤血球の数が減るだけでなく、大きさも異常に小さくなります。

鉄欠乏は貧血の原因として特に多いものの1つです。成人の場合、鉄欠乏になる最も一般的な原因は失血です。男性や閉経後の女性で鉄欠乏がある場合は、消化管からの出血が疑われます。閉経前の女性は、月経による出血で鉄欠乏になることがあります。食事に含まれる鉄分の不足により鉄欠乏を生じることもあり(ミネラルと電解質: 鉄欠乏症を参照)、特に乳児や年少児、思春期の女児、妊婦ではその傾向があります。

症状と診断

鉄欠乏性貧血の症状は徐々に進行し、他の原因による貧血の症状と似ています。

貧血と診断されると、まず鉄欠乏を調べる検査が行われます。鉄欠乏があると、赤血球が小型で色が薄くなる傾向がみられます。血液中の鉄量とトランスフェリン(赤血球以外の場所で鉄を運搬するタンパク質)の値を測定し、比較します。鉄欠乏の最も正確な検査法は、鉄を貯蔵するタンパク質であるフェリチンの血中量を測定する方法です。フェリチンの値が低ければ鉄欠乏があると考えられます。ただし、肝障害、炎症、感染、癌によりフェリチン値が上昇することがあるため、正しく診断できない場合もあります。このような場合は、細胞表面にあるタンパク質でトランスフェリンと結合するトランスフェリン受容体の値を測定します。

診断を確定するには、骨髄生検を行い、骨髄の中にある血球中の鉄量を測定することが必要になる場合があります。

治療

鉄欠乏の原因として最も多いのは過剰出血なので、まず出血がないかを調べます。

慢性出血により鉄が不足している場合、普通の食事からの鉄分摂取だけで補うことは困難です。また、体内の鉄の貯蔵量は非常に限られています。このため、鉄剤を服用して失った鉄を補給する必要があります。

鉄分補給による鉄欠乏性貧血の治療には、出血が止まったとしても3〜6週間はかかるのが普通です。通常は鉄剤を内服します。鉄分は、オレンジジュースなどビタミンCを含むものやビタミン剤とともに朝食の30分前に取ると、最も効率良く吸収されます。体内の貯蔵鉄分を十分に回復するために、鉄分の補給は通常、血球数が正常になった後も6カ月間続けます。定期的に血液検査を行って、鉄分補給が十分かどうかを確認します。

個人情報の取扱いご利用条件