メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

播種性血管内凝固

-
-

播種性血管内凝固(DIC)は、小さな血栓が全身の血管に発生して、小さな血管を詰まらせるとともに、出血の制御に必要な血小板と凝固因子を使い果たしてしまう病気です。

播種性血管内凝固は、凝固が過剰になることから始まります。感染やある種の癌などの病気、出産、胎児の死亡、手術などによって何らかの物質が血液に入ると、凝固過剰の引き金となります。頭部の重い外傷や毒ヘビのかみ傷によっても、リスクが生じます。凝固過剰によって凝固因子と血小板が使い果たされると、大量の出血が生じます。

症状と診断

播種性血管内凝固は、ときに非常に重い症状を伴って突然発症します。手術や出産の後に起こると、出血を制御できなくなる場合もあります。出血は、静脈注射の部位、脳内、消化管、皮膚、筋肉、体腔などに起こります。癌がある場合のようにゆっくり進行するものでは、出血より静脈内の血栓が多くみられます。

血液検査では血小板数の減少がみられ、血液凝固に時間がかかることがわかります。凝固因子の減少と、血栓が壊れたときに生じるタンパク質(フィブリン分解産物)の増加が確認されると、播種性血管内凝固の診断が確定します。

治療

播種性血管内凝固の原因が妊娠や出産に関係するものか、感染によるものか、癌によるものかなどを特定し、治療します。原因を取り除くことにより、凝固は解消します。

播種性血管内凝固を突然発症した場合は命にかかわるため、緊急の治療が必要です。失われた血小板と凝固因子を輸血で補って出血を止めます。慢性で軽度の播種性血管内凝固では、出血よりも凝固が問題になるため、ヘパリンを使用して凝固を遅らせます。

個人情報の取扱いご利用条件