メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

白血球は感染微生物や異物から体を守るための重要な働きをしています。体を適切に守るためには、感染微生物や異物が体内に侵入したというメッセージを多数の白血球が受け取って、その場所に向かい、有害な微生物や物質を殺して取りこみ、処理する必要があります(免疫システムのしくみと働き: はじめにを参照、感染症から体を守るリンパ系を参照)。

他の血球と同じように、白血球も骨髄でつくられます。白血球は幹細胞と呼ばれる前駆細胞から分化し、好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球という5種類のいずれかになります。

正常な状態では、1日に約1000億個の白血球が産生されます。白血球数は血液1マイクロリットルあたりの数で表され、白血球数の正常値は1マイクロリットルあたり4000〜1万1000です。5種類の白血球の比率と単位体積あたりの数もおおむね決まっています。

白血球数が少なすぎる場合や多すぎる場合は、何らかの病気があることを示しています。白血球数が4000未満に減少した白血球減少症では、感染症になりやすくなります。白血球数が1万1000以上になる白血球増加症は、感染と闘うための体の正常な反応として生じます。しかし、白血球の分化や増殖を調節するしくみが乱れ、未熟な白血球や異常な白血球が血液中に現れたために白血球数が増加することもあります。

白血球の病気には、5種類の白血球のうち1つだけに関係するものもあれば、複数の種類に関係するものや5種類すべてに関係するものもあります。最も多いのは好中球とリンパ球の病気です。単球と好酸球の病気はそれほど多くはなく、好塩基球に関係するものはまれです。

個人情報の取扱いご利用条件