メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

リンパ球増加症

-
-

リンパ球増加症とは、血液中のリンパ球数が異常に多くなった状態をいいます。

リンパ球数は、感染症、特にウイルス感染があると増加します。結核などの細菌感染でもリンパ球が増えます。リンパ腫、急性や慢性のリンパ球性白血病などのがんでもリンパ球が増加しますが、その一部は、未熟なリンパ球(リンパ芽球)またはリンパ腫細胞が血液中に放出されることによるものです。グレーヴス病(バセドウ病)やクローン病でも血液中のリンパ球が増加します。

リンパ球が増えたときに現れる症状は、リンパ球の増加そのものというよりは、増加の原因となっている感染や病気によるものです。リンパ球数が増加していることがわかった場合は、血液を顕微鏡で観察し、血液中のリンパ球が活性化しているかどうか(ウイルス感染の場合など)や、未熟または異常なリンパ球があるかどうか(白血球やリンパ腫の場合など)を調べます。

リンパ球増加症の治療は、その原因によって異なります。

個人情報の取扱いご利用条件