メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

単球の病気

-
-

単球は、他の白血球が死んだ組織や傷ついた組織を取り除いたり、癌細胞を破壊したり、異物に対する免疫作用を調節したりするのを助けます。単球は骨髄でつくられて血流に入り、血流中の白血球数の約1〜10%を占めています(血液1マイクロリットルあたり200〜600)。血液中に入って数時間後に脾臓、肝臓、肺、骨髄などの組織に移り、そこで免疫系の主要なスカベンジャー細胞であるマクロファージになります。単球とマクロファージの働きに影響して細胞内に残渣を蓄積させる遺伝的異常があると、ゴーシェ病やニーマン‐ピック病など脂質が蓄積する病気になります(遺伝性の代謝異常症: ゴーシェ病を参照)。

慢性の感染、自己免疫疾患、血液疾患、癌に反応して単球数が増加すると、単球増加症と呼ばれる状態になります。感染、サルコイドーシス(浸潤性肺疾患: サルコイドーシスを参照)、ランゲルハンス細胞肉芽腫症(浸潤性肺疾患: ランゲルハンス細胞肉芽腫症を参照)では、組織内のマクロファージが増殖します。

単球数が少なくなる単球減少症は、ある種の細菌により血液中に毒素が分泌される内毒素血症や、化学療法やコルチコステロイド薬の投与を受けている場合に起こります。

個人情報の取扱いご利用条件