メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症

-
-

意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)は、異常だが良性(非癌性)の形質細胞により産生されたモノクローナル抗体が蓄積される病気です。

一般に、意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症は、重大な健康上の問題を起こしません。たいていの場合、この病気は症状を起こさないため、血中タンパク質の測定など別の目的で検査を受けたときに偶然見つかることがほとんどです。しかし、モノクローナル抗体が神経に結合して、しびれ、刺すような痛み、脱力などを引き起こすこともあります。

意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症では、Mタンパク質の量は何年にもわたって安定していることが多く、25年間変化しない場合もあります。普通、治療は必要ありません。

原因はわかっていませんが、この病気が長期間続くと、約4分の1が多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、B細胞リンパ腫などがん性の病気に進行します。この進行は予防できません。意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症がある場合は、診察と血液検査、尿検査を1年に2回ほど行い、がんへの進行の徴候がないか調べます。早期に発見すれば、がん性の病気の症状や合併症を予防したり、早い段階で治療を開始することができます。

個人情報の取扱いご利用条件