メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

骨髄の増殖性疾患では、骨髄中の造血細胞(前駆細胞)が異常に発生して増殖したり、線維組織の異常増殖によって骨髄の外に押し出されたりします。

骨髄増殖性疾患には、大きく分けて真性赤血球増加症、骨髄線維症、血小板血症の3種類があります。造血細胞の増殖は、最初はいずれも良性ですが、まれに悪性の病気である白血病に移行することがあります。

主な骨髄増殖性疾患

病名

骨髄の特徴

血液の特徴

真性赤血球増加症 循環血液中の血球を産生する細胞の数が増加する 赤血球数が増加する。しばしば血小板と白血球の増加を伴う
骨髄線維症 線維組織が過剰になる 未成熟な赤血球と白血球、および奇形赤血球が増加する。赤血球の全体数が減少する(貧血)。最終的には白血球と血小板も減少する
血小板血症 巨核球(血小板を産生する細胞)の数が増加する 血小板数が増加する

個人情報の取扱いご利用条件