メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脾臓破裂

-
-

胃のあたりを強打されると脾臓が破裂することがあり、脾臓を覆っている被膜や内部の組織も裂けてしまいます。脾臓破裂は、交通事故、スポーツ事故、打撲などによる腹部損傷で最も多くみられる重篤な合併症です。

脾臓が破裂すると、大量の血液が腹腔内に流れ出します。脾臓の外膜は硬く、一時的に血液をとどめることもできますが、ただちに手術を行い、命にかかわる大出血が起こるのを防ぐ必要があります。

症状

脾臓が破裂すると、腹部に痛みと圧痛が生じます。腹腔内に流れ出した血液が刺激となって腹痛が生じるのです。また、腹筋が反射的に収縮して硬くなります。血液が徐々に漏れ出している場合は、血流量が減少して血圧が低下し、脳や心臓に十分な酸素が供給されなくなって初めて症状が現れることもあります。低血圧や酸素欠乏による症状には、めまい、視力障害、錯乱、意識喪失(失神)などがあります。このような症状が現れた場合は、緊急に輸血して血液循環を維持するとともに、手術を実施して止血する必要があります。これらの治療を行わなければ、ショックを起こして死に至る可能性があります。

診断と治療

症状が脾臓破裂以外の原因によるものかどうかを判定するため、腹部X線検査を行います。放射性物質を使った画像検査で血流をたどって出血の有無を確認したり、腹腔内の体液を針で吸引して腹腔内の出血を調べることもあります。脾臓破裂が強く疑われる場合は、緊急手術を行って、致死的な出血を未然に防ぎます。このような場合、通常は手術で脾臓全部を除去しますが、破裂範囲が小さい場合は修復できることもあります。

脾臓摘出の実施前後には、感染を防ぐための特別な注意が必要です。たとえば、可能であれば、手術前には肺炎球菌に対する予防接種を行います。手術後は、毎年インフルエンザの予防注射を受けることが推奨されます。特定の健康状態にある人、特に鎌状赤血球症や癌など命にかかわる感染症を起こすリスクの高い病気をもっている人では、感染を防ぐ抗生物質が推奨されます。

個人情報の取扱いご利用条件