メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

癌の種類

-
-

癌組織(悪性疾患)には血液や造血組織の病変(白血病、リンパ腫)と、かたまりを形成する「固形腫瘍」の2種類があり、後者の意味で癌という言葉が使われることもよくあります。固形腫瘍には癌腫(カルシノーマ)と肉腫(サルコーマ)があります。

白血病リンパ腫は、血液と造血組織の癌です。かたまりをつくらず、1つ1つの癌細胞がバラバラのまま存在するのが特徴です。この癌が増殖し、骨髄や血流内で正常な血液細胞よりも数の上で優勢になると、正常な機能を担う細胞が徐々に癌性の血液細胞に置き換わり、体の働きが損なわれていきます。

癌腫(癌と呼ぶ場合もある)は上皮細胞の悪性腫瘍です。上皮細胞とは体の表面を覆う細胞で、ホルモンを分泌し、さまざまな分泌腺をつくっています。癌腫には皮膚癌、肺癌、大腸癌、胃癌、乳癌、前立腺癌、甲状腺癌などがあり、一般に若い人よりも高齢の人に多発します。

肉腫は上皮の内側にある中胚葉由来の細胞の悪性腫瘍です。中胚葉由来の細胞は筋肉や結合組織を構成しています。肉腫の例としては平滑筋肉腫(消化器の壁にみられる平滑筋の癌)、骨肉腫(骨の癌)などがあります。肉腫は一般に、高齢者よりも若年層に多発します。

個人情報の取扱いご利用条件