メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

癌に対する体の防御

-
-

体内では1つの細胞が癌化しても、増殖したり転移する前に免疫システムがその細胞を異物として認識し、破壊すると考えられています。しかし、免疫システムに異常や機能低下がある人ではこうした防御機構がうまく働かない場合があります。たとえばエイズ感染者や免疫抑制薬の投与を受けている人、ある種の自己免疫疾患のある人、また免疫システムの働きが若い人に比べて低下した高齢者では、癌がより進行しやすくなります。また、たとえ免疫システムが正常に機能していても、癌がその防御網をすり抜けてしまうこともあります。

腫瘍抗原: 抗原とは、体の免疫システム(免疫システムのしくみと働き: はじめにを参照)が異物を認識し破壊するための標的にする物質です。抗原はあらゆる細胞の表面にありますが、ヒトの免疫システムは普通は自分自身の細胞には反応しません。細胞が癌化すると、体内の免疫システムには知られていない新たな抗原が癌細胞の表面に現れます。免疫システムは、腫瘍抗原と呼ばれるこの新しい抗原を異物として認識して癌細胞を囲いこみ、あるいは破壊します。異常細胞を破壊するこのようなメカニズムによって、癌細胞の多くは定着する前に排除されます。しかし、免疫システムがたとえ正常に働いていても、癌細胞のすべてを破壊できるとは限りません。また癌化した細胞が活発に分裂して癌細胞のかたまり(悪性腫瘍)ができてしまうと、免疫システムによる破壊は困難になります。

悪性黒色腫、骨肉腫、一部の消化器癌などのように、固有の腫瘍抗原が見つかっている癌もいくつかあります。癌ができた人の体内に腫瘍抗原に対する抗体ができてくる場合もありますが、抗体は多くの場合、癌を抑えこめるほど強力ではありません。また、たとえば絨毛癌(じゅうもうがん:子宮内で発育中の胎児の一部から生じる悪性腫瘍)のように、免疫システムによる癌細胞の破壊が早期に行われやすい癌もあるようです。

腫瘍抗原の中には血液検査で測定できるものもあり、腫瘍マーカーと呼ばれています。腫瘍マーカーのいくつかは、癌の症状が現れていない段階でのスクリーニング検査に利用されています。癌の診断や、治療効果の評価に用いられる場合もあります(主な腫瘍マーカーを参照)。

個人情報の取扱いご利用条件