メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

癌によって現れる症状は、軽微なものから重いものまでさまざまです。症状のうち経過の早期にみられるものは癌の警告シグナルとして重要で、医師に診てもらう必要があります。癌が進行してから現れる症状は、早期発見には役立ちません。吐き気、食欲不振、疲労、嘔吐などの症状は治療により生じることもありますが、癌の警告シグナルの場合もあります。多くの癌に共通する症状もある一方、癌の種類や部位によって特徴的な症状が現れることもあります。

スクリーニング検査は癌の早期発見や診断に役立っています。癌の診断は早ければ早いほど、効果的な治療が可能になります。

癌の警告シグナル

癌は早く治療した方が治癒する可能性が高いため、早期に発見することが大切です。症状の中には癌の早期発見の手がかりになるものもあり、医療機関を受診するきっかけとして重要です。こうした症状の多くは幸いにも、まだ事態がそれほど深刻にならないうちに現れます。癌の警告シグナルとなるこれらの徴候を見過ごすべきではありません。

徴候の中には一般的な漠然とした変化で、癌の種類や部位を示す手がかりにはならないものもあります。それでも、こうした徴候を基に医師が診察や必要な検査を行うことで、癌の診断の除外あるいは確定が可能になるのです。また症状によっては、特定の種類や部位の癌を疑う手がかりとなるものもあります。癌の警告シグナルとして、以下の症状に注意しましょう。

  • 体重減少
  • 疲労
  • 夜間の発汗
  • 食欲不振
  • これまでにない痛み、持続する痛み
  • 吐き気や嘔吐を繰り返す
  • 血尿
  • 血便(肉眼、検査での陽性)
  • 突然のうつ状態
  • 排便習慣が最近変化した(便秘、下痢)
  • 発熱を繰り返す
  • 慢性的なせき
  • ほくろの大きさや色の変化、治らない皮膚潰瘍の変化
  • リンパ節の腫れ

個人情報の取扱いご利用条件