メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

症状

-
-

癌は初めのうちは小さな細胞のかたまりで、特に症状はありません。大腸の内側のような広い空間がある部位に癌ができると、かなり大きくなるまで自覚症状がまったくないこともあります。一方、もっとスペースの限られた部位、たとえば声帯などでは、癌が比較的小さいうちから声のかすれなどの症状が出てくることがあります。

症状が生じる原因としては、癌の増殖と浸潤による組織への刺激や破壊、癌による他の組織への圧迫、癌がつくる毒性物質の作用、本来は他の身体機能に必要なエネルギーや栄養分を癌が消費してしまうことなどが挙げられます。癌が転移すると、最初にできた原発部位で増殖していたときにみられた一連の症状とは違った、別の症状が現れることがあります。

癌が増殖し全身各所に広がると、さまざまな合併症が出てきます。中には緊急治療が必要となる重大な合併症もあります。腫瘍随伴症候群と呼ばれる一連の合併症は、癌が生成した物質が全身に広がって起こるものです。

癌の主な合併症

種類

解説

心タンポナーデ 心臓を包む袋状の膜(心膜)の内側にある液体の量が増加した状態。この液体が心臓を圧迫し、血液の送り出しを妨げる。癌が心膜に浸潤するとその刺激で液体が貯留する場合がある。心膜に浸潤する癌は肺癌、乳癌、リンパ腫など
胸水 肺を包む袋状の膜(胸膜)に液体が貯留した状態で、息切れを起こす
上大静脈症候群 体の上部から心臓に向かう静脈(上大静脈)の血液の流れが、癌によって部分的にまたは完全に妨げられた状態。上大静脈がふさがれると胸の上部と首の静脈がふくれ上がり、顔、首、胸の上部の腫れを生じる
脊髄圧迫 癌が脊髄や脊髄神経を圧迫している状態で、痛みと機能不全が生じる。脊髄や脊髄神経の圧迫が長く続くと、圧迫がなくなった後も正常な神経機能の回復が困難になる
脳の機能障害 癌が脳の内部で増殖した結果、脳の機能が異常になった状態。脳腫瘍が原因の場合もあるが、多くは別の部位から転移した癌によって起こる。錯乱、鎮静、動揺、頭痛、視野異常、感覚異常、脱力感、吐き気、嘔吐、発作といったさまざまな症状がみられる
腫瘍随伴症候群とは

腫瘍随伴症候群は、癌がつくり出したホルモンやサイトカイン(タンパク質の一種)、その他のタンパク質などの物質が、血流に入って体内を循環することで起こります。こうした物質が全身の組織や器官の働きに影響して生じるさまざまな症状が、腫瘍随伴症候群と呼ばれるものです。物質の中には、自己免疫反応を起こして組織や器官を障害するものや、臓器の機能を直接妨げたり、組織を破壊するものもあります。その結果、低血糖や下痢、高血圧などの症状が生じます。

多発神経障害(多発ニューロパシー)では、末梢神経の機能不全による脱力、感覚麻痺、反射の低下などが起こります。多発神経障害はときに癌の診断以前に発症し、その中のまれな形として亜急性の感覚神経障害が生じることがあります。この場合は感覚や協調運動の機能が大幅に損なわれますが、脱力はあまりみられません。亜急性の小脳変性は、乳癌や卵巣癌の女性に生じます。この障害は、自己抗体(自己の組織を攻撃する抗体)による小脳の破壊が原因となっている可能性があります。歩行が不安定になる、腕や脚の協調運動ができない、発語障害、めまい、複視があるといった症状は、癌が見つかる前(数週間、数カ月、ときには数年も前)に現れることがあります。亜急性の小脳変性は数週間から数カ月にわたって悪化し、しばしばかなりの機能が損なわれます。

眼や筋肉のけいれんと協調運動の失調は、神経芽腫の小児にみられます。自分では制御できない眼の動き(眼球クローヌス)や、胴体、腕、脚の筋肉のきわめて速い電撃的な収縮(ミオクローヌス)が生じます。

亜急性の運動神経障害は、ホジキン病の患者に起こることがあります。脊髄の神経細胞が間接的に影響を受け、多発神経障害と同様のパターンで腕や脚の脱力を生じます。多発筋炎は、筋肉の炎症による筋力低下や痛みとして現れます。多発筋炎に皮膚の炎症を伴うものは、皮膚筋炎と呼ばれます。

イートン‐ランバート症候群は、肺癌の患者に起こることがあります。神経によって筋肉を正常に活動させることができず、腕や脚の筋力が低下するのが特徴です。

肥大性骨関節症も、肺癌の患者にみられます。この症候群は手足の指の変形や、X線検査でわかる長骨の端の変化を起こします。

このほか、肺癌と関連のある腫瘍随伴症候群には以下のものがあります。小細胞癌は、コルチコトロピンを分泌しクッシング症候群を起こしたり、抗利尿ホルモンを分泌して水分を貯留させて血液中のナトリウム濃度を低下させます(低ナトリウム血症)。ホルモンの産出過剰も、発熱、喘鳴(ぜんめい)、下痢、心臓弁膜症などのカルチノイド症候群を起こします。扁平上皮癌はホルモンに似た物質を分泌し、血液中のカルシウム濃度を非常に高くします(高カルシウム血症候群)。また、カルシウム濃度が高くなる原因として、癌が直接骨を攻撃してカルシウムを血流に放出している場合もあります。血液中のカルシウム濃度が高いと、錯乱や昏睡を起こしたり、ときには死亡することもあります。このほか、男性の乳腺の過剰発育(女性化乳房)、甲状腺ホルモンの過剰(甲状腺機能亢進)、わきの下の黒ずみなどの皮膚の変化があります。

痛み

癌は初めのうちは痛みを伴いません。しかし多くの人では癌の増殖とともに、まず軽い不快感程度の症状が現れ、癌が大きくなるにつれて着実に痛みが強まっていきます。こうした痛みは、癌が神経や他の組織を圧迫したり、浸潤することで起こります。

出血

初期の癌で少量の出血がみられることがありますが、これは癌では細胞同士の接着がゆるく、血管が傷つきやすいためです。その後、癌が大きくなって周囲の組織への浸潤が始まると、癌が近くの血管に食いこんで出血することがあります。大腸癌の初期にはよく、出血が少量のため肉眼では見えずに検査でのみ検出されたり、あまりに微量で検出できない場合があります。また、進行した癌では出血が大量となり、生命を脅かすことがあります。

癌の部位によって、出血の現れ方は異なります。癌が消化管にあれば便の中に、また尿路にあれば尿の中に、血液が混じる原因となります。その他の癌では体内に出血します。肺に出血が生じると、せきこんで血を吐く(喀血する)ことがあります。

体重減少と疲労

癌のある人は普通は体重が減って疲れやすくなり、この症状は癌が進行するにつれてひどくなります。食欲は普通にあるのに体重が減る人もいますが、食欲がなくなり食べものを前にしただけで吐き気を催す人もいます。大幅にやせてしまう場合もあり、皮下脂肪の減少が特に顔にはっきりと現れます。癌が進行した人は激しい疲労を感じることが多く、長時間眠って過ごします。貧血がある人は、体を動かすと疲れを感じたり息切れがする場合があります。

リンパ節の腫れ

癌が体内に広がっていく過程で、まず近くのリンパ節に転移することがあります。転移のあるリンパ節は腫れて、硬くなったりゴムのような手ざわりになります。リンパ節が腫れていても痛みはないか、押すと痛む程度です。リンパ節は初期には触れると自由に動きますが、癌が進行すると皮膚や組織下の深い層に癒着したりリンパ節同士で癒着し、動かなくなります。

うつ状態

癌になった人がうつ状態になるのはよくあることです。うつは体の症状による場合もあれば、死への不安や、自立性が失われる(人の世話が必要になる)ことからくる場合もあります。脳に作用する物質を産生し、直接うつを引き起こす癌もあります。

神経や筋肉の症状

癌が神経に浸潤したり、大きくなって神経を圧迫すると、感覚の変化(うずきなど)や筋力の低下といった、神経や筋肉の症状が生じることがあります。脳の内部で癌が増殖した場合は症状の特定は困難ですが、錯乱、めまい、頭痛、吐き気、視覚の変化、発作などが起こります。腫瘍随伴症候群の一部として神経症状がみられる場合もあります。

呼吸器の症状

癌が肺の気道を圧迫したりふさいでしまい、息切れや肺炎を起こしたり、せきがうまくできず分泌物(たんなど)を排出しにくくなることがあります。癌による肺への出血や貧血も息切れの原因となります。

個人情報の取扱いご利用条件