メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

放射線療法

-
-

放射線は光と同じように空間を伝わるエネルギーの一種で、癌の治療では、強いエネルギーをもった放射線を患部に照射します。コバルトなどの放射性物質や、線形加速器(リニアック)などの装置から発生させた放射線を体の外から照射する方法で行います。あるいは、放射性物質を体内に入れて内側から照射を行う方法もあります(静脈に注入した放射性ヨウ素が甲状腺に集まる性質を利用して甲状腺癌を治療する、小さな線源を癌の中に直接埋めこむなど)。リニアックなどの装置では、放射線の狙いを腫瘍に定め、正常な組織には可能な限り放射線があたらないように保護します。また、正常組織への照射量を減らすために多方向から照射を行います。

写真

リニア加速器

リニア加速器

放射線による障害は、分裂が盛んな細胞ほど強く現れます(放射線でDNAを傷つけられた細胞は、うまく分裂できず死滅するため)。癌細胞は一般に正常な細胞よりも頻回に分裂しているため、放射線による攻撃を受けやすいといえます。ただし、癌細胞の放射線による傷つきやすさは個々の癌によって異なり、抵抗力が強く放射線療法の効果が上がらない癌もあります。また残念ながら、放射線による損傷は腫瘍の周囲の正常組織にも及ぶことがあります。皮膚、骨髄、毛包や、口、食道、腸の内側の粘膜のように分裂が盛んな細胞は特に損傷を受けやすく、卵巣や睾丸も同様です。正常な細胞を保護するために、正確に的を絞った放射線療法を行う必要があります。

放射線療法では長期間かけて、一定量の放射線を何回にも分けて照射します。この方法によって腫瘍細胞を死滅させる効果を強め、正常な細胞への影響は弱めることができます。これは、正常な細胞には放射線による障害を自力で修復する能力があるからです。

放射線療法が治癒のかなめとなる癌は、ホジキン病、初期の非ホジキンリンパ腫、頭頸部の扁平上皮癌、精上皮腫(別名セミノーマ、精巣の癌)、前立腺癌、初期の乳癌、初期の非小細胞肺癌、髄芽腫(脳、脊髄の癌)など多数あります。初期の喉頭癌と前立腺癌では、放射線療法が手術と同程度の治癒率を上げています。

一方、治癒が望めない多発性骨髄腫、進行した肺癌、食道癌、頭頸部癌、胃癌などでも、放射線療法で症状を和らげることはできます。緩和的治療として行う放射線療法では、たとえば腫瘍が一時的に小さくなることで、骨や脳に転移した癌がもたらす症状が改善されます。

陽子線などを利用する最新の放射線療法は、病巣に的を絞って高エネルギーの照射を行うもので、眼、脳、脊髄など周囲の正常組織の破壊を避けたい部位の腫瘍で効果を上げています。放射性物質でできた小さな線源を体内に埋めこむ方法は、前立腺癌の治療によく使用されます。前立腺癌の病巣に埋めこまれた小さな線源は、周囲の癌細胞に集中的に放射線を照射し、他の組織への影響はわずかに抑えられます。

個人情報の取扱いご利用条件