メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

代替医療

-
-

癌の標準的な治療に加えて、あるいはその代わりとして、漢方薬やハーブ(薬草)(ハーブとサプリメント: はじめにを参照)などの代替医療(民間療法)に救いを求める人もいます。しかし、代替医療の大半はきちんとした科学的検証を受けていないため、癌治療における有効性はほとんどわかっていません。

癌に対する代替医療の利点の科学的証明はまだ不十分ですが、むしろ有害になるおそれはあり、以下のような問題が指摘されています。

  • 代替医療の薬が有毒な場合がある。
  • 代替医療の薬が標準的治療と相互作用を起こし、化学療法の有効性を低下させる。
  • 代替医療の費用がかさむと、標準的治療を受ける経済的余裕がなくなる。
  • 標準的治療の代わりに代替医療を受けると、標準的治療で実証された効力を得る機会が失われる。

代替医療を行っている事実を隠していると、思わぬ実害につながる場合があるため、その実施については主治医に必ず相談する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件