メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による影響

-
-

免疫システムは一生にわたって変化しつづけます。誕生時の特異免疫はまだ完全には出来上がっていませんが、新生児もある種の抗体をもっています。妊娠期間中に胎盤を介して母体から受け取ったものです。これらの抗体は、新生児自身の免疫システムが完全に出来上がるまで、感染症から新生児を保護します。母乳で育った新生児は、母乳に含まれる母親からの抗体を引き継ぎます。

年をとるとともに免疫システムも衰弱し、徐々に自己と異物とを区別できなくなります。その結果、自己免疫疾患が起きやすくなります。マクロファージが細菌や癌細胞、その他の抗原を破壊するスピードも落ちてきます。これが、年をとると癌になりやすい理由の1つです。Tリンパ球は抗原に対して反応が緩慢になります。新しい抗原に反応できるリンパ球はほとんどなくなります。したがって、年をとってから新しい抗原に出会った場合には、それを認識して身を守ることが難しくなります。

高齢者は、若い人より補体タンパクが少なく、特に細菌に感染した場合、さらに少なくなります。抗原に反応してつくられる抗体の量が減少し、抗体の抗原に結合する能力も低下します。高齢者が肺炎、インフルエンザ、感染性心内膜炎、破傷風にかかりやすく死亡率も高いのは、こうした免疫システムの変化が一因と考えられます。また、ワクチンによる免疫も高齢者ではできにくくなります。

このような免疫機能の変化によって、高齢者は感染症や癌にかかりやすくなります。

個人情報の取扱いご利用条件