メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

一過性乳児低ガンマグロブリン血症

-
-

一過性乳児低ガンマグロブリン血症は、乳児期の抗体生成に遅れが生じる免疫不全疾患です。

誕生時には、免疫システムは完全には発達していません。乳児の抗体のほとんどは母体によってつくられ、誕生前に胎盤を介して胎児に移ります。乳児が自分で抗体をつくりはじめるまで、母体からの抗体が乳児を感染から守ります。この期間は通常、6カ月間です。一過性乳児低ガンマグロブリン血症の乳児は、抗体をつくりはじめるのが遅れます。その結果、抗体値が生後3〜6カ月ごろから低下しはじめ、それが12〜36カ月ごろまで続きます。この疾患は早産児によくみられますが、それは胎児が母体から受け取る抗体が少ないからです。誕生時にみられる疾患ですが、遺伝性ではありません。

ほとんどの患児は、何らかの抗体をもっているので、感染症のリスクはなく治療も必要ありません。しかし、中には、特に未熟児の場合、頻繁に感染症にかかる者もいます。免疫グロブリンを投与すれば、感染症を防いだり、治療効果を上げることができます。投与期間はおよそ6〜12カ月で、必要に応じて抗生物質も投与します。寿命には疾患の影響はありません。

個人情報の取扱いご利用条件