メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脾臓の障害による免疫不全

-
-

脾臓は免疫システムの機能にとってきわめて重要な臓器です。血流中の細菌その他の感染性微生物を捕らえ、破壊し、抗体をつくります。出生時、脾臓がなかったり、傷ついていたり、あるいは病気のために取り除いた場合、細菌感染症を発症するリスクが増大します。

脾臓がない場合は、通常の小児期に接種しているワクチンに加えて、肺炎球菌ワクチンと髄膜炎菌ワクチンを接種します。脾臓に機能不全がある場合や脾臓そのものがない場合、感染症の徴候が現れたらただちに抗生物質を投与します。脾臓がない場合は、さらに、少なくとも5歳までは抗生物質を継続的に投与します。血流の感染症防止にはペニシリンやアンピシリンなどの抗生物質を使います。

個人情報の取扱いご利用条件