メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アナフィラキシー反応

-
-

アナフィラキシー反応は、生命を脅かすほど重症化することがある、急性で広範囲にわたるアレルギー反応です。

アナフィラキシー反応の最も一般的な原因は、ペニシリンなどの薬、虫刺され、ある種の食品、アレルゲン免疫療法(減感作療法)でのアレルギー注射などです。しかし、原因となる可能性はあらゆるアレルゲンにあります。他のアレルギー反応と同じくアナフィラキシー反応は初めてアレルゲンと接触したときには発症せず、2度目の接触で発症します。しかし、多くの人は最初の接触を覚えていません。1度アナフィラキシー反応を起こしたアレルゲンは、予防策を講じておかないと、2度目以降の接触で再びアナフィラキシー反応を起こしてしまいます。

症状

アナフィラキシー反応は、アレルゲンに接触後1〜15分以内に発症しますが、1時間を過ぎてから起こることも、まれにあります。心拍数が上昇し、患者は不安と動揺を覚えます。血圧が下がって失神することもあります。そのほか、ゾクゾクしたり、かゆみ、皮膚の紅潮、耳の中の鼓動、せき、くしゃみ、じんま疹、血管性浮腫がみられたりします。気管(上気道)が収縮したり腫れたりするので、呼吸困難になり、ゼイゼイします。

アナフィラキシー反応の進行は速く、虚脱、呼吸停止、けいれん、意識消失が1〜2分以内に起こります。ただちに救急処置が施されないと死亡します。

予防と治療

完全に避けることのできないアレルゲン(虫刺されなど)にアレルギーを起こす人では、長期のアレルゲン免疫療法を行います(アレルギー反応: アレルゲン免疫療法(減感作療法)を参照)。

アナフィラキシー反応が生じたらただちにエピネフリンを注射します。過去にアナフィラキシー反応を起こしたことがある人は、いつでもすぐに処置できるように、常にエピネフリン自己注射用キットと抗ヒスタミン薬の錠剤を携行します。通常は、この処置で反応は治まります。それでも、重症のアレルギー反応だった場合には、病院の救急外来を受診して必要な精密検査と治療を受ける必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件