メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

心臓移植

-
-

心臓移植は、重篤な心不全で、薬や手術などでは有効な治療効果が得られない患者に限り行われます。一部の医療機関では、適合する心臓が見つかるまでの数週間から数カ月間、人工心臓で生命を維持できます。また、新しく開発された埋めこみ型人工心臓は、移植用の心臓が手に入るまでの期間に限って用いられますが、試験的にですが、代用臓器として長期間使用することもあります。しかし、多くの人が待機中に死亡しているのが実情です。

心臓移植を受けた人の約95%は、移植前より運動機能や日常生活が大幅に改善されます。心臓移植を受けた人の約85%が1年以上生存しています。

駄目になった心臓は胸郭を開いて摘出しますが、両心房の後壁は残します。提供された心臓は、元の心臓があった位置に移植されます。手術にはおよそ3〜5時間かかります。手術後7〜14日間の入院が必要です。

移植した心臓への拒絶反応を予防するため、免疫抑制薬を投与します。拒絶反応が起こると、発熱、脱力感、頻脈やその他の不整脈などがみられます。移植した心臓が十分に機能しないので、血圧が下がり、四肢(特に脚)や腹部に水がたまり浮腫と呼ばれる状態を引き起こします。水分は肺にもたまります。もし拒絶反応が軽ければ自覚症状は出ませんが、心電図(ECG)では心臓の電気的反応に変化がみられます。拒絶反応が疑われれば生検を行います。首の切開部からカテーテルを静脈に挿入し心臓まで通します。カテーテル先端のメスで、心臓組織の薄片を顕微鏡下で採取します。拒絶反応の徴候がみられれば免疫抑制薬の用量を増やすか、種類を替えたり追加したりします。

心臓移植後にみられる死亡の半数近くが、感染症によるものです。心臓移植を受けた患者のおよそ4分の1が冠動脈のアテローム動脈硬化を発症します。

個人情報の取扱いご利用条件