メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肺移植と心肺移植

-
-

通常は、一方の肺だけを移植しますが両方の肺を移植することもできます。肺疾患のために心臓にも損傷があるときは、片方の肺あるいは両方の肺と心臓を同時に移植します。移植用の肺を保存することは難しいので、肺が手に入ったらできるだけすみやかに肺移植を実施します。

肺は、生きているドナーからのものでも、死亡直後のドナーからのものでも移植できます。ただし、生きているドナーは、片方の肺しか提供できませんし、一般に、提供するのは肺葉という複数ある区画のうちの1つのみです。一方、死んだ人からは、両方の肺をもらうことも、心臓と両肺をもらうこともできます。

レシピエントの肺を、胸の切開部から摘出しドナーのものと交換します。次に肺へ出入りする血管、すなわち肺動脈と肺静脈、主な気道である気管支を、移植した肺につなぎます。手術は、一方の肺のみの交換には4〜8時間、両方の肺の交換には6〜12時間かかります。心臓と肺の移植を同時に行うこともできます。手術後の入院期間は、通常7〜14日です。

肺移植を受けた人の約70%は1年以上生存しています。肺は細菌や病原菌のいる空気に絶えずさらされているため感染症にかかるリスクが高く、ときに気道との接続部位が治りにくいことがあります。また、傷あとに生じた組織のために気道が狭くなり、息が通りにくくなって息切れを起こします。この合併症の治療には、気道にステント(精細な金網の管)を埋め込むなど、気道を広げる処置をします。

肺移植に対する拒絶反応の診断と治療は容易ではありません。肺移植を受けた人の80%以上が、移植後1カ月以内に拒絶反応の徴候を示します。症状は、発熱、息切れ、脱力感などです。脱力感は、移植された肺が十分な酸素を体内に供給していないことから起こるものです。その後気道が狭まり、徐々にふさがっていくのも、じわじわと拒絶反応が起きているしるしです。肺移植の拒絶反応には、免疫抑制薬の量を増やすか、種類を替えるか追加することで対処します。

個人情報の取扱いご利用条件