メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

常在菌

-
-

健康な人は、体内にすむ微生物の大半とはうまく共存しています。通常、体内の決まった部位に集団で存在している微生物を「常在菌」と呼びます。各部位の常在菌は数種類の微生物から成り立っています。中には通常は数百種類の微生物がコロニー(集落)をつくっているような所もあります。そして、常在菌は病気を起こすどころか、病気を引き起こす微生物から人間の体を守ってくれることも多いのです。常在菌は障害を受けて数が減っても、すぐにまたもとの状態に戻ります。人体には数時間から数週間しかとどまらず、永続的に定着はしない微生物もあります。これらは通過菌(一過性フローラ)と呼ばれます。

食事、衛生状態、大気汚染、手洗いの習慣などの環境因子によって、各人がもつ常在菌の種類は変わってきます。また特別な状況下では、常在菌自体が病気を起こすこともあります。そのような状況は、抗生物質を使用したり、免疫機能が低下したりしている場合(エイズや癌[がん]の患者、コルチコステロイド薬の投与や化学療法を受けている人にみられる)に起こります。感染症治療のために使った抗生物質で皮膚、腟、腸などの常在菌の多くが死滅すると、他の細菌や真菌が代わってはびこることがあります。膀胱(ぼうこう)炎の治療で抗生物質を使用している女性に起こる腟カンジダ症がその例です。

個人情報の取扱いご利用条件