メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

防御能が低い人の感染症

-
-

病気だけでなく、さまざまな薬や治療が体の自然の防御能を壊してしまうことがあります。防御能が壊れると感染につながり、普通なら特に害を及ぼさずに体の表面や内部で共存している微生物までもが感染源になってしまうことがあります。

ひどいやけどの場合、損傷を受けた皮膚は有害な微生物の侵入を防止できないため、感染のリスクが高まります。また、尿道や血管へのカテーテル挿入や気管内挿管など、体内に異物を入れる処置によっても感染のリスクは高くなります。免疫システムを抑制してしまう薬剤も多く、抗癌剤(化学療法薬)、移植後の拒絶反応を抑える薬(アザチオプリン、メトトレキサート、シクロスポリンなど)、ステロイド薬(プレドニゾロンなど)などがあります。放射線療法でも、特に骨髄が放射線を浴びると免疫システムが抑制されてしまいます。

エイズ患者、特に末期の患者では、ある種の感染と闘う力が格段に低下してしまいます(ヒト免疫不全ウイルス感染症を参照)。特に、日和見感染(正常な免疫力をもつ人には普通は病気を起こさない微生物による感染症)を起こしやすくなります。よくみられる普通の感染症にかかったときも、症状が重くなります。

高齢者の方が若い人より感染を受けやすく、症状も重くなりがちですが、それはおそらく加齢によって免疫システムの働きが低下するためです(免疫システムのしくみと働き: 加齢による影響を参照)。慢性閉塞性肺疾患、癌、糖尿病など高齢者に多い慢性の病気も、感染のリスクを高めます。さらに、高齢者は病院や老人ホームなど、重い感染症をうつされやすい場所へ行く機会が多いことも危険要因となります。病院では、抗生物質が多用されているため抗生物質に耐性をもった微生物がはびこりやすく、こうした微生物による感染症は、一般家庭でかかる感染症と比べて治療が難しくなります。

個人情報の取扱いご利用条件