メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ヘモフィルス感染症

-
-

ヘモフィルス属は、体のほとんどどこにでも感染を起こすグラム陰性桿菌です。

ヘモフィルス属の細菌の多くは、小児や成人の気道上部で増殖します。そのほとんどがめったに病気を起こすことはありませんが、インフルエンザ菌だけは、小児や慢性の肺疾患がある成人に感染を引き起こす主原因となっています。小児の場合、この菌は血流、関節、肺、耳、眼、副鼻腔、咽頭蓋(声帯のすぐ上の部分)、髄膜(脳や脊髄を包む膜)の感染症を起こします。症状は感染部位によって異なります。

そのほか、気道感染症や心臓の感染症(心内膜炎)を起こしたり、脳に膿瘍を生じるヘモフィルス属の細菌もいます。軟性下疳(なんせいげかん)菌は性感染症である軟性下疳を起こします(性感染症: 軟性下疳を参照)。

ヘモフィルス感染症の診断は、血液や膿など体液のサンプルを培養し、菌を検出して確定します。

小児は必ずインフルエンザ菌b型の予防接種を受けます(訳注:日本ではまだ導入されていません)。これはたいへん有効なワクチンで、特に髄膜炎の予防には効果があります。

インフルエンザ菌髄膜炎の治療には、セフトリアキソンかセフォタキシムの静脈内投与が必要です。ステロイド薬も脳障害を防ぐ効果があるといわれています。インフルエンザ菌による他の感染症の治療には、アモキシシリン‐クラブラン酸やトリメトプリム‐スルファメトキサゾール(ST合剤)など種々の抗生物質を使います。重症のインフルエンザ菌感染症患者の家に予防接種を受けていない4歳以下の小児がいる場合は、予防として家族全員にリファンピシンなどの抗生物質を投与します。

個人情報の取扱いご利用条件