メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

破傷風

-
-

破傷風は嫌気性細菌の破傷風菌がつくる毒素によって激しい筋肉のけいれんが起こる病気です。

破傷風は米国ではほとんどみられなくなりましたが、今でも世界各地、特に開発途上国で発生しています。毎年、世界中で5万人もの人が破傷風で亡くなっています。

破傷風菌の芽胞は動物の糞(ふん)や土の中で何年も生きることができます。この芽胞が傷口を通して人体に入ると増殖を始めます。病気を起こすのは破傷風菌自体ではなくて、増殖中の破傷風菌がつくり出す毒素です。

破傷風は、さびたり汚れている物体によって受けた切り傷や、くぎを踏んでしまったために受けた深い刺し傷などから起こりますが、清潔な浅い傷からでも起こることがあります。米国では、注射針を使う麻薬常習者や、やけどや手術創がある人が破傷風になる危険があります。出産後に、母親の子宮や新生児のへその緒が感染することもあり、破傷風感染症は開発途上国では脅威となっています。

症状

通常、症状は感染の5〜10日後に現れますが、早ければ2日後、遅ければ50日後までは発症の可能性があります。最もよくみられる症状はあごのこわばりで、口が開きにくくなります(開口障害)。そのほか、落ち着きがなくなる(不穏)、ものを飲みこみにくくなる、刺激過敏になるなどの症状や、頭痛、発熱、のどの痛み、悪寒、筋肉のけいれん、首、腕、脚のこわばりが起こります。病気が進むと、あごが開けにくくなる開口障害が強くなり、顔の筋肉がけいれんするためまゆがつり上がり、引きつって笑っているような表情になります。さらに、腹部、首、背中の筋肉がけいれんし、頭とかかとが後につり、胴体が前に出て体全体が弓なりに反る「反弓緊張」という姿勢がみられるようになります。括約筋もけいれんし、便秘が起こり、尿が出なくなります。

写真

破傷風

破傷風

物音、すき間風、ベッドのきしみといったようなささいな刺激が引き金となって、強い痛みを伴った筋肉のけいれんと多量の発汗が起こります。全身けいれんが起こっている間は、胸筋が硬直し、のどもけいれんするので、叫んだり、声を出したりすることさえできなくなります。この状態では呼吸も十分にできなくなり、酸素欠乏や致死的な窒息につながります。

傷の近くの筋肉だけにけいれんが起こる場合もあります。このように破傷風の症状が限局している場合は、症状が何週間にもわたって続くことがあります。

診断と経過の見通し

けがをした後で筋肉のこわばりやけいれんがみられた場合は、破傷風が疑われます。破傷風菌は傷口から綿棒で採取したサンプルで培養できますが、結果が陰性でも、必ずしも菌がいないとはいい切れません。

破傷風の死亡率は世界で平均して50%で、その多くは、注射針を使う麻薬常習者、乳幼児、高齢者です。症状が急速に悪化した場合や治療が遅れた場合は、経過の見通し(予後)は悪くなります。

予防

破傷風はいったんかかってから治療するより、予防することの方がはるかに効果的です。一連の初回接種(注射を3回以上)を受けておけば、破傷風になることはまずありません。破傷風ワクチンは、体に細菌自体を攻撃させるのではく、細菌が出す毒素を中和する力を高めます。小児には、ジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合ワクチンで接種されます。一連の初回接種を済ませた成人は、10年に1回追加接種を受ける必要があります。

けがをした人に対する予防接種の方法は複雑です。一般に、一連の初回接種を済ませている場合は、過去5年以内に追加接種を受けていれば接種の必要はありません。一連の初回接種を完了してない場合や、追加接種を受けてから10年以上たっている場合は、追加接種に加えて、破傷風免疫グロブリンも必要となります。

そのほか、汚れたり死んでいる組織は破傷風菌の増殖を促すので、傷口、特に深い刺し傷をすみやかに徹底的に洗浄することも予防対策になります。異物や損傷した組織は、必要があれば外科的に取り除きます。

破傷風の追加接種はどんな場合に必要か
 

汚れがなく小さな傷

深い傷や汚れた傷1

過去の予防接種回数

2種混合ワクチン2

破傷風免疫グロブリン

2種混合ワクチン

破傷風免疫グロブリン

不明または3回未満 ○(要接種) ×(接種不要)
3回以上3 最後の接種から10年以上たっていれば○ × 最後の接種から5年以上たっていれば○ ×

1:泥、糞便、唾液などで汚れた傷。刺し傷。組織欠損を伴う傷。異物、打撃、やけど、凍傷による傷など。ただし接種対象はこれらの傷のみに限らない。

2:2種混合ワクチン=破傷風・ジフテリア混合トキソイド皮下注射(成人用)。7歳未満の小児には3種混合ワクチン(DTP)。

3:接種回数が3回の場合は、4回目の接種を行うべきである。

治療

破傷風の症状が現れたら、入院させて静かな部屋で安静を保ちます。メトロニダゾール、ペニシリン、テトラサイクリンなどの抗生物質を投与して細菌を殺し、毒素が増えるのを抑えますが、すでにつくられた毒素に対しては、抗生物質は効力がありません。毒素の中和には破傷風免疫グロブリンを使います。そのほか、鎮静、筋肉の弛緩(しかん)、痛みの緩和、けいれんの抑制、心拍数や血圧のコントロールに役立つ薬剤を使います。

中度から重度の感染症では、呼吸を補助するために人工呼吸器が必要となります。破傷風になると食べものを飲みこむのが難しくなるので、栄養剤を点滴静注したり、鼻から胃へチューブを通して補給します。

水ぼうそう(水痘)などの他の多くの病気では、一度かかればその病気に対する免疫ができて二度とかからなくなりますが、破傷風の場合は、治ったとしても免疫はできないので、回復後に破傷風の予防接種を一通り受けなければなりません。

個人情報の取扱いご利用条件