メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

エールリヒア症

-
-

エールリヒア症はマダニによって媒介される感染症で、突然の発熱、悪寒、頭痛、けん怠感を起こします。

エールリヒアはリケッチアと大変よく似ており、人や動物の細胞内でのみ生きられます。しかし、エールリヒアはリケッチアと違い、顆粒球や単球などの白血球にすみつきます。種によってそれぞれ異なる種類の白血球にすみつきますが、症状、診断、治療の方法などはエールリヒア症全体で共通しています。

エールリヒア症はアメリカとヨーロッパで発生しますが、最も多いのはアメリカ中西部、東南部、中南部です。マダニが活動する春から晩秋にかけて最もよくみられます。

症状、診断、治療

エールリヒア症はマダニに刺されてから1〜2週間後に発病します。初めに発熱、激しい頭痛、体の各所の痛み、けん怠感が現れます。病気が進むにつれて嘔吐と下痢が起こり、昏迷を伴い、昏睡に陥ることもあります。せきや呼吸困難を伴うこともありますが、発疹はリケッチアによる病気と違ってあまりみられません。死亡することはまれですが、免疫機能が低下している人や治療が遅れた人の場合、死亡することがあります。

エールリヒア症に感染すると、白血球数の減少、貧血、血液凝固の異常がみられますが、これはこの病気に限った所見ではありません。エールリヒアに対する抗体検査もありますが、発病後数週間してからでないと陽性反応が出ません。その点、患者の血液中の菌のDNAを検出できるPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法の方が有用です。患者の白血球に独特の斑点ができ、顕微鏡下に観察できることがあります。この斑点があればエールリヒア症と確定診断できますが、見つけられないこともよくあります。

治療は症状を基に始めます。テトラサイクリン、ドキシサイクリン、クロラムフェニコールが有効です。

個人情報の取扱いご利用条件