メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アメーバ症

-
-

アメーバ症は、単細胞の寄生虫である赤痢アメーバによる大腸やその他の器官の感染症です。

アメーバ症は、衛生状態が悪く、水や食べものが便で汚染される地域に比較的よくみられます。ある種の性行為でもかかることがあります。赤痢アメーバはまず大腸に感染しますが、肝臓など他の臓器に感染が及ぶこともあります。中南米、アフリカ、インドによくみられます。

赤痢アメーバには、「栄養型」と呼ばれる活動性の状態と、「シスト(嚢子)」と呼ばれる休眠状態の2つの型があります。感染はシストを飲みこむことで起こります。シストは卵のようなもので、これが体内に入ると栄養型になって増殖し、腸の内壁に潰瘍(かいよう)をつくり、下痢を起こします。一部の栄養型はシストをつくり、便とともに排出されます。体外に出ると栄養型は死んでしまいますが、シストは頑丈なので生き延びることができ、人から人への直接感染や、食べものや水を介しての間接感染を起こします。

衛生状態の悪い地域では、便で汚染された食べものや水を通して感染します。野菜や果物で、人糞(じんぷん)を肥やしに使っている畑で作られたもの、汚染された水で洗ったもの、感染者の手により調理されたものは、汚染されている可能性があります。赤痢アメーバは、デイケアセンターや精神病院など衛生管理が行き届いた所でも、失禁など清潔でない状況があれば、発生して広がるおそれがあります。性行為で広がることもあります。

症状

アメーバ類に感染しても、症状が現れるのはごく少数です。米国では、アメーバ症にかかるのはほとんどが移民で、そのほか、まれに開発途上国を旅行してかかる場合があります。

症状としては、断続的な下痢が起こり、ガスがたまり(鼓腸)、けいれん性の腹痛が起きます。重症の場合、腹部をさわると圧痛があり、便に血液や粘液が混じります。発熱も起こります。慢性感染症の場合は、やせたり貧血になります。「アメーバ腫」と呼ばれる大きなかたまりができて腸をふさぐこともあります。ときに、栄養型が腸壁を通り抜けて腹腔に入ると、激しい腹痛と感染症(腹膜炎)を起こし、緊急の処置が必要となります。

赤痢アメーバが肝臓に膿瘍(のうよう)をつくることもあります。発熱、発汗、悪寒、脱力感、体重減少、肝臓付近の痛みや不快感などの症状が現れます。

ときに、肺や脳など他の器官に広がることもあります。皮膚が感染することもあり、特に殿部、生殖器、腹部の手術やけがによる傷口の感染が多くみられます。

診断

アメーバ症は便を検査して診断しますが、診断をつけるには3回ほど検査を行う必要があります。また、大腸内視鏡という柔軟なチューブ状の観察用装置を肛門から入れて大腸の中を調べ、潰瘍があればその組織を採取します。

写真

アメーバ症

アメーバ症

肝臓など腸以外の部位に感染が広がっている場合は、便から寄生虫が検出されなくなることがあるため、診断が難しくなります。肝臓に膿瘍があれば、超音波やCT(コンピューター断層撮影)検査で発見はできますが、原因を知ることはできません。診断には、アメーバに対する抗体を調べる血液検査が有用です。アメーバ性肝膿瘍が疑われる場合、まず抗アメーバ薬を使用してみて、効果があるかどうか調べるのも1つの方法です。薬に反応すれば診断が確定します。

治療

アメーバ症で消化管の症状がある場合や、肝臓など腸以外の器官に感染がある場合は、抗アメーバ薬のメトロニダゾールを処方します。この薬は、服薬中にアルコールを飲むと、吐き気や嘔吐が起こるので注意が必要です。

便中のシストはメトロニダゾールでは殺せない場合があるので、ヨードキノール、パロモマイシン、ジロキサニドなどの薬を使って殺します。

個人情報の取扱いご利用条件