メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アスペルギルス症

-
-

アスペルギルス症は、アスペルギルス属の真菌によって主に肺に起こる感染症です。

アスペルギルスはどこにでもいる真菌で、たい肥の山、通気口、空気中のほこりの中などによくみられます。主にその胞子を吸いこむことでアスペルギルス症が起こります。

アスペルギルス症は、過去に肺の病気によって形成された肺の空洞など、体内の空洞のある部分を侵します。外耳道や副鼻腔に感染症が生じることもあります。副鼻腔や肺では菌糸や血のかたまり、白血球などが絡まって、「アスペルギローマ」と呼ばれる球状のかたまりをつくります。この真菌球は徐々に大きくなって肺組織を破壊していきますが、たいていの場合、他の部位には広がりません。

まれに、病気の勢いが非常に強くなって急速に肺に広がり、血流に乗って脳や腎臓にまで及ぶこともあります。このような急速な広がりは、主に免疫機能が低下している人に生じがちです。

アスペルギルスは感染症を引き起こす以外に、皮膚や粘膜でアレルギー反応を起こすことがあります(アレルギー性肺疾患: アレルギー性気管支肺アスペルギルス症を参照)。

症状と診断

肺にできた真菌球は、症状がなく胸部X線検査でたまたま見つかる程度のこともあれば、せきをするたびに喀血(かっけつ)し、まれに重症の致死的な出血が起こることもあります。急速に進行する肺のアスペルギルス症が生じると、せき、発熱、胸痛、呼吸困難が起こります。

写真

アスペルギルス症

アスペルギルス症

深部組織に感染が及ぶと、病状が重くなります。発熱、悪寒、ショック、せん妄、血のかたまりなどの症状がみられます。腎不全、肝不全による黄疸(おうだん)、呼吸困難なども起こり、急速に死に至ることもあります。

外耳道のアスペルギルス症では、かゆみが生じ、ときには痛くなることもあります。夜の間に耳から滲出液が出て、朝起きたときまくらにしみができていることもあります。副鼻腔のアスペルギルス症では、鼻が詰まり、痛んだり鼻汁が出ることもあります。

症状に加えて、感染部位のX線検査やCT(コンピューター断層撮影)検査は、診断をするための手がかりを与えてくれます。感染組織のサンプルの採取が可能な場合には、それを検査に出して真菌の種類を特定します。

経過の見通しと治療

副鼻腔や肺の一部などの限られた部位だけにとどまっているアスペルギルス症は、ゆっくり進行します。治療は必要ですが、ただちに危険な状態になるわけではありません。ところが、感染が広範囲に及んでいる場合や、患者の状態が悪い場合は、ただちに治療を開始する必要があります。治療にはアムホテリシンB、イトラコナゾール、ボリコナゾールなどの抗真菌薬を使用します。しかし、アスペルギルスの中にはこれらの薬に耐性をもつ種類もあり、その場合には、より新しい抗真菌薬であるカスポファンジンを用いて治療します。

外耳道のアスペルギルス症は、真菌をかき出した後に、抗真菌薬を点耳して治療します。副鼻腔にたまった真菌は、外科的に取り出す必要があります。肺の真菌球も、大きな血管の近くに形成されたものは、血管に侵入して出血を起こすおそれがあるので、手術して摘出します。

個人情報の取扱いご利用条件