メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

クリプトコッカス症

-
-

クリプトコッカス症は、クリプトコッカス‐ネオフォルマンスという真菌が起こす感染症です。

クリプトコッカスは世界中に存在していますが、エイズの流行が始まるまでは、この感染症は比較的まれでした。エイズのほか、ホジキン病やサルコイドーシスの患者、長期にわたってコルチコステロイド薬による治療を受けている人も感染することがあります。

クリプトコッカス症は主に脳と脊髄を覆っている組織(髄膜)に起こります。髄膜炎のほか、肺や皮膚にも発症し、それ以外の器官を侵すこともあります。

症状と診断

クリプトコッカス症の症状は概して軽く、はっきりしないことが多いですが、髄膜炎の場合は頭痛と錯乱が起こります。肺に感染した場合も、症状はまったくないか、せきや胸痛があるくらいです。肺の重症感染症の場合は、呼吸困難が起こります。

診断には、組織と体液のサンプルを採取して調べます。血液と髄液の検査で、クリプトコッカスに対する抗体を調べることもあります。

経過の見通しと治療

免疫機能が正常であり、クリプトコッカスによる感染が肺の一部に限られている人では、通常は治療の必要はありません。免疫機能が低下している人では、フルコナゾール、アムホテリシンB、あるいはフルシトシンなどを用いて治療します。

個人情報の取扱いご利用条件