メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

パラコクシジオイデス症

-
-

パラコクシジオイデス症は南アメリカブラストミセス症とも呼ばれ、パラコクシジオイデス‐プラジリエンシスという真菌が起こす感染症です。

パラコクシジオイデス症は、主に皮膚、口、のど、リンパ節を侵す真菌感染症ですが、肺、肝臓、脾臓にも起こります。南アメリカでは非常によくみられますが、米国ではまれです。

症状と診断

パラコクシジオイデスに感染すると、リンパ節が腫れ、膿が出ますが、痛みはほとんどありません。最もよく感染するのは、首や腕の付け根のリンパ節です。痛みを伴う潰瘍が口の中にできることがあります。肺が侵された場合は、せきと呼吸困難が起こります。

診断には、組織のサンプルを採取し、顕微鏡で調べます。

経過の見通しと治療

症状は長く続きますが、死に至ることはまれです。治療にはイトラコナゾールを使用します。アムホテリシンBも有効ですが、副作用があるので、非常に重症な場合にのみ使用します。

個人情報の取扱いご利用条件