メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

ウイルスは真菌や細菌よりさらに小さく、生きた細胞に侵入しないと増殖(複製)ができない感染性微生物です。ウイルスは細胞に付着して侵入し、細胞内で自身のDNAやRNAを放出します。このDNAやRNAは、ウイルス自身を複製するために必要な情報を含んだ遺伝子コードです。ウイルスの遺伝物質が細胞を支配するようになり、強制的にウイルスを複製します。感染した細胞は、正常な機能ができなくなるので通常は死にますが、細胞が死ぬ前に新しくできたウイルスが放出され、他の細胞に感染していきます。

写真

細胞へのウイルスの付着

細胞へのウイルスの付着

ウイルスの中には、細胞を殺さずにその機能を変えてしまうものがあります。あるものは細胞に感染して、正常な細胞分裂を制御不能にし、癌(がん)化させてしまいます。また、遺伝物質を宿主の細胞の中に潜ませて休眠状態になり(潜伏感染)、細胞が障害を受けると再び増殖を始めて病気を起こすようなものもあります。

普通、ウイルスはそれぞれ決まったタイプの細胞にのみ感染します。たとえば、かぜのウイルスは上気道の細胞だけに感染します。また、大半のウイルスは感染する植物や動物の種類が決まっており、人だけに感染するウイルスもあります。

ウイルスはさまざまな経路で感染します。口から入るもの、呼吸により吸いこまれるもの、蚊やダニなどの昆虫や寄生虫が刺すことによって感染するものなど多岐にわたります。

ウイルスに対して、体は数々の防御機能を備えています。皮膚のような物理的バリアーは、ウイルスが簡単に侵入できないように防御します。ウイルスに感染した細胞はインターフェロンという物質を放出し、まだ感染していない細胞がウイルスに感染しないよう抵抗性を高めます。

ウイルスが体内に侵入すると、体の免疫防御機能が稼働します。これらの防御機能では、まず、リンパ球などの白血球が、ウイルスやウイルスに感染した細胞を攻撃して破壊する術を身につけます(免疫システムのしくみと働き: はじめにを参照)。体がこの闘いに勝った場合、リンパ球は侵入したウイルスを「覚えて」いて、次に同じウイルスが感染したときには、より早く効果的に対処できるようになります。このしくみを「免疫」と呼びます。免疫はワクチン接種を受けることによっても得られます。

ウイルス感染症に対抗する薬を「抗ウイルス薬」と呼びます。抗ウイルス薬は、ウイルスの複製を抑える作用をもっています。ウイルスは非常に小さく、感染した細胞内で細胞自体の代謝経路を使って複製するので、抗ウイルス薬で攻撃できる代謝機能は限られます。一方、細菌は比較的大きな生物で、一般に細胞の外で自己増殖するので、抗生物質で攻撃可能な代謝機能が多くあります。これらの理由から、抗ウイルス薬の開発は抗生物質に比べて非常に難しいのです。また、抗ウイルス薬は人の細胞に対して毒性をもったりします。ウイルスが抗ウイルス薬に耐性をもつようになることもあります。

抗生物質はウイルス感染症には効きませんが、ウイルス感染症に加えて細菌感染症もある場合には、しばしば抗生物質が必要になります。

おそらくウイルス感染症で最もよくみられるのは、鼻、のど、気道の感染症です。のどの痛み、副鼻腔炎、かぜ、インフルエンザなど、これらをまとめて「上気道感染症」と呼びます。幼児では、クループ、気管の炎症(喉頭炎)、肺内部の気道の炎症(細気管支炎、気管支炎(呼吸器の病気: 細気管支炎を参照))もよくみられます。

狂犬病ウイルス、西ナイルウイルス、数種の脳炎ウイルスなど一部のウイルスは神経系を侵します(脳と脊髄の感染症: ウイルス感染を参照)。ウイルス感染症は皮膚にも起こり、いぼやその他の小さな病変をつくります(ウイルス性皮膚感染症: いぼ(疣贅)を参照)。また、特に乳幼児はさまざまなウイルスに日常的に感染します(ウイルス感染症: はじめにを参照)。

ヘルペスウイルスによる感染症もよくみられます。人に感染するヘルペスウイルスは8種類あります。このうち、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、水痘帯状疱疹ウイルスの3種類は、感染して皮膚に水疱(すいほう)をつくります。エプスタイン‐バー(EB)ウイルスは伝染性単核球症を起こします。サイトメガロウイルスは、新生児や免疫機能の低下した人に重度の感染症を引き起こしますが、免疫機能が正常な人の場合は、伝染性単核球症に似た症状が現れます。ヒトヘルペスウイルス6型と7型は、突発性発疹として知られている小児の病気を引き起こします(ウイルス感染症: 突発性発疹を参照)。ヒトヘルペスウイルス8型は、エイズ患者に発症するカポジ肉腫という癌との関連が示唆されています。

ヘルペスウイルスはすべて、宿主細胞の中で休眠(潜伏)状態になるため、感染は終生続きます。そして、ウイルスがときどき活性化すると、病気の症状が現れます。再活性化は最初の感染のすぐ後に起こることもあれば、何年もたってから起こることもあります。

薬剤名

主な適応

副作用

アシクロビル 性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそう(水痘) ほとんどなし
アマンタジン A型インフルエンザ
  • 吐き気、食欲不振
  • 神経質症
  • めまい
  • 発語不明瞭
  • 情緒不安定
  • 不眠
シドフォビル サイトメガロウイルス感染症
  • 腎障害
  • 白血球数の減少
ファムシクロビル 性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそう ほとんどなし
フォミビルセン サイトメガロウイルス網膜炎 眼の軽い炎症
ホスカルネット サイトメガロウイルス感染症、単純ヘルペスウイルス感染症
  • 腎障害
  • けいれん発作
ガンシクロビル サイトメガロウイルス感染症 白血球数の減少
インターフェロンアルファ B型肝炎、C型肝炎
  • インフルエンザのような症状
  • 骨髄抑制
  • うつ、不安
オセルタミビル A型インフルエンザ、B型インフルエンザ 吐き気、嘔吐
ペンシクロビル 口唇ヘルペス(局所に塗布) ほとんどなし
リバビリン
  • RSウイルス
  • C型肝炎
赤血球破壊による貧血
リマンタジン A型インフルエンザ アマンタジンと同様だが神経症状は軽度
トリフルリジン 単純ヘルペス角膜炎
  • 眼の刺激感
  • まぶたの腫れ
バラシクロビル 性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそう ほとんどなし
バルガンシクロビル サイトメガロウイルス感染症 白血球数の減少
ビダラビン 単純ヘルペス角膜炎 ほとんどなし
ザナミビル A型インフルエンザ、B型インフルエンザ(吸入パウダー) 気道の刺激感
ウイルスと癌の関係

ウイルスの中には、宿主細胞のDNAに働きかけて癌を生じさせるものがあります。癌の原因になることが知られているウイルスは少数ですが、ほかにも存在すると考えられます。

ウイルス

エプスタイン‐バーウイルス バーキットリンパ腫
  ある種の鼻とのどの癌
  その他のリンパ腫(エイズの人の場合)
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス 肝臓癌
ヘルペスウイルス8型 カポジ肉腫(エイズの人の場合)
  B細胞リンパ腫(エイズの人の場合)
ヒトパピローマウイルス 子宮頸癌
天然痘の脅威がよみがえる?

天然痘(痘瘡[とうそう])は天然痘ウイルスが引き起こす感染性、致死性ともに非常に高い病気です。このウイルスは動物には感染せず、人にのみ感染します。

今から200年以上前に、世界で初めてのワクチンとして天然痘ワクチンがつくられました。このワクチンは優れた効き目があったので世界中で使われ、天然痘患者は着実に減少し続け、1977年に報告されたのが最後の患者となりました。そして1980年には、世界保健機関(WHO)が天然痘の根絶を宣言し、ワクチンの廃止を勧奨するに至りました。

ワクチンの予防効果は時間の経過とともに消えていくので、現在天然痘の免疫をもっている人は、以前ワクチンを受けたことのある人を含めてほとんどいないことになります。本来はそれで問題はないはずですが、ウイルスのサンプルが米国とロシアの研究機関にそれぞれ保存されていること、さらにロシア軍が生物兵器としての使用目的で天然痘ウイルスを大量に所持しているという報告もあり、懸念材料になっています。もしこれらの筋からウイルスが漏れ出すようなことがあれば、感染の広がりは壊滅的なものになるでしょう。

天然痘ウイルスは、感染者が吐く息やせきの飛沫を含んだ空気を吸うことで、人から人へ感染します。感染者が着用した衣服や使用した寝具と接触しても感染は広がります。通常は感染者と密接に接触したことで感染するのが主で、学校や職場での集団感染はまれです。ウイルスが外界で生きられるのは2日以内で、温度や湿度が高い場合はさらに短くなります。

天然痘の症状は感染の12〜14日後から始まり、発熱、頭痛、腰痛が起きて非常に具合が悪くなります。激しい腹痛が起こり、せん妄状態になることもあります。2〜4日すると、顔、腕、口の中に赤く平らな斑点ができ、すぐに胴体や脚へ広がります。患者が感染力をもつようになるのは、この発疹が出てからです。斑点は1〜2日後に水疱になって膿がたまり、8〜9日後にはかさぶたになります。天然痘にかかった人の約30%が死亡しますが、多くの場合2週目に亡くなります。治った人には、大きな醜いあばたが残ることがあります。

診断にあたっては、特有の斑点がある人で、特にその頃この病気の発症例がみられていれば天然痘を疑い、水疱や膿疱から採取したサンプルを培養または顕微鏡で検査し、ウイルスを検出して診断を確定します。

天然痘の脅威には予防接種で対処するのが最も有効です。感染の危険にさらされた時点から数日以内にワクチンを接種すれば、発病を防ぐか、かかっても症状を軽くすることができます。疑わしい症状のある人は、感染の拡大を防ぐため隔離の必要があります。周囲で身近に接触する人たちに関しては、具合が悪くなって発疹が出ない限り感染を広げる危険はないので隔離の必要はありませんが、厳重な観察下におき、少しでも症状が出たら隔離します。

予防接種も、特に免疫機能が低下しているような人では危険です。健康な人でも、まれではあるものの、天然痘ワクチンの副作用が起こることがあります。以前に接種を受けたことのある人の方が、初めての人より副作用の出方は少なく、初めて接種を受けた人は約100万人に1人、以前に受けたことがある人は約400万人に1人の割合で、予防接種による死亡例がみられます。

天然痘に特定の治療法はありませんが、現在いくつかの抗ウイルス薬が研究されています。呼吸と血圧の管理が治療の中心となり、細菌感染症が起こった場合はその治療を行います。

個人情報の取扱いご利用条件